本の保存方法に適しているのは乾燥剤がいいのか?

この記事は2分で読めます

本2

本を何冊も読む人にとっては、本の保存する方法に困っていませんか?

私も経験があるのですが、

本の紙って傷みやすい。

というのが、印象です。

またお気に入りの本である場合は、

マーカーや線が引いてるあるので、

世界で自分だけのオリジナルの大切な本なので、

捨てたり、売ったりせずにちゃんと保存したいと思います。

なので、適した保存方法とはどんなものなのか?

スポンサードリンク



注意事項



本を適した保存方法とはどんなものだろうか?

まず、やってはいけない本の保管方法があります。

平積みしない

まず、一番本によろしくないのが積読です。本は本棚に立てて収納するようにしましょう。

寝かせてどんどん上に積んでいくと、本に無用な圧力がかかり、ページがくっついたり変形したりする原因となります。

本

本棚にガチガチに詰めない

本棚に入れるとしても、本が抜けないほどギッチリ詰めるとこれもまずいです。

頑張りすぎると、出し入れする際にバリッと傷つける原因になりかねません。お気をつけください。


高温多湿を避けよ!

カビ

高温多湿。カビが生える絶好の条件ですね。特に6月の梅雨シーズンは注意が必要です。

古い本の独特の香りは、このカビによってかもし出されたりするのですが、

本をボロボロにするだけですので注意しましょう。シミになったりしますしね。

やむを得ず押し入れの中に入れる場合は、湿気とりを必ず常備しましょう。

ちなみに、紙の種類によって異なりますが、

一般的には20度前後で湿度50%ぐらいを目安にされるとよろしいかと思います。


直射日光はNG

太陽

紙が日に焼けてボロボロになります。

虫除けで日に当てる事もありますが、それもあまり当てすぎると紙が黄色になります。

基本的に直射日光は紙やインクの劣化を早めますので、

本棚を日の当たる場所に置く事は望ましくありません。


虫に注意

害虫

本が大好きな虫がいます。ことわざではありません(笑)
本のページのすき間に入り込んで、本を食べる虫です。

インク部分が大好きで、文字の形に沿って穴を空けてくれる虫もいますので注意します。

シロアリに食われると、再起不能なほどの大穴を空けてもらえます。

虫除けには防虫剤を使うのが一般的ですが、防虫剤の中には化学反応を起こしてシミを作ってしまう物もあるのでご用心。


ではこれらに注意して、

なおかつ最適な保存方法はあるのか?

スポンサードリンク




適した方法とは


本を適した方法で保存するやり方は、

注意事項を守ればそれが最適な保存方法だと思いますが、

おすすめとして乾燥剤を使う方法もあります。

乾燥剤を使うと、注意事項にも書いてある

湿気に対してとても有効だからです。

私の経験ですが、やっぱり湿気があると

本の紙質の変化に素人でも分かるくらい違ってきますので、

私的には湿気が一番の天敵かと思うので、それを防ぐ!

乾燥剤をおすすめします。

ただの乾燥剤だと臭いがついてしまうので備長炭をおすすめします。

本好きの方は参考にしてみてください。


本の保存方法を更に詳しくなるために・・・
本を保存したい時にダンボールを使用してはいけない理由

本を正しく保存する方法は防虫剤がいい?


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 動物園
  2. 蚊取り線香2
  3. スマカメ
  4. 爆笑
  5. 高校文化祭
  6. サッカー小僧
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人