暑さ対策として夜に打ち水をやっても効果はあるのか?

この記事は2分で読めます

打ち水

夏の暑さ対策として、打ち水をやる人が多いと思います。

昼間にやろうとしても、昼間は太陽が出ていて直ぐに乾いてしまいそうですよね?


ならば、昼ではなくて、夜に打ち水をやると

どうなのか?

スポンサードリンク



そもそも打ち水とは?




打ち水とは、気化熱を利用して気温を下げる事を目的として水を撒く事です。

気化熱とは液体は、蒸発する時に周りの熱を奪います。

下げる温度は1度~から2度と言われてます。




打ち水に適した効果的な時間



核心に迫る項目です。

打ち水に適した時間は、気温がまだ上がっていないや下がり始める夕方が最適です。

間違っても気温が上昇したあとに行ってはいけません。



なんと!!!

夜!

夜



ではなくて、

朝や夕方が一番効果があるみたいです。


朝日




ただ、夕方になると太陽が沈んでいく為、少しずつ温度が下がります。

このタイミングで打ち水をしておくと、気化熱によって

気温の低下を助ける事が出来ます。 この後は夜になる為、効果が続くかも知れません。



さらに、

夕方の打ち水は、気化熱を奪っていったん地面の温度が下がると、

熱せられることもないので、その温度が維持されて涼しくなったと感じると思います。


そよ風など吹けばそれを涼風というのでしょう。

打ち水を夕方にするというのは、冷房のなかった頃に、夜涼しく寝るための知恵だったと思います。

夜でも効果がありそうですね~

スポンサードリンク




打ち水に適した場所とは?




適した時間に適した場所にやりたい人も多いと思いますし、

どこに打ち水をまいたら良いのか分からない人が多いと思います。


適した場所は、


一気に湿度が上がるような熱せられた場所に水をまくのはやめましょう。

打ち水に適した場所は日陰です。

また、すだれ等をかけているなら、こちらを湿らせるのも効果的です。


打ち水を持続させる効果のあるものとして砂利があります。

水をまいた砂利が気温を下げるのは、お寺や神社でも経験があるのでは無いでしょうか。

最近では打ち水効果の高い商品として、保水性のある溶岩砂利が売られていたりします。



また、植栽への打ち水も効果的です。


植物


それは、植物は自分自身の体を守るため、

限られた水分を効率よく利用して蒸散により自分の体温を下げる仕組みを持っているからだそうです。

また、葉の陰になっている空間の気温は、葉の表面温度よりもさらに低くなることから、

そこで冷やされた空気が風や対流で拡散し、

植物周辺の温度は気温よりさらに降下します。


この現象が植物による打ち水効果です。

したがって、路面などに直接打ち水を行うよりも、植物を植えて打ち水をした方が持続的で効率のよい気温降下が期待できます。


暑い時によく起こる吐き気!その症状を速効消す方法とは?


まとめ



打ち水は夜にまくよりも・・・

朝か夕方にまくのが一番いいということが分かりました。

またどうせやるなら、日陰や植物にやってあげましょう!

朝or夜


でなおかつ

日陰or植物

にまくのが一番効果的です!!



夏の不眠とはもうおさらばしたい人は必読です!
夏の暑さで睡眠不足の方必見!睡眠の質を上げる3つのコツ


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 体育の日
  2. シャワー
  3. ベースギター
  4. 爪切り仙人
  5. 高校校舎
  6. 幼稚園
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人