え、背中に汗をかかないとあれが悪化するって本当?


汗をかくことに不快感ってあると思います。

しかし、全く汗をかかないのも問題ってご存知でしたか?

実は、背中に汗をかかないとあるものが懸念されてきてしまいます。

そのあるものとは?

スポンサードリンク


汗をかかない人はアトピーになりやすい



アトピーの人は汗をかきにくいこと、そして、

汗をかかないことがアトピーを悪化させている可能性があることを知っていますか。

汗はアトピー性皮膚炎(アトピー)を悪化させると思い込んで、

汗をかかないようにしている方はたくさんいることでしょう。

汗をかくと、炎症部分がしみたり、痒くなったような気がしたり・・・

せっかく塗った保湿剤が汗で流れ落ちてしまうのも、気持ちがいいものではありません。

このように、今までは汗の悪い点ばかりが強調されてきましたが、

汗にはむしろ良い側面があることが、最近わかってきました。

汗かき

つまり、汗は悪者ではなく、むしろ汗をかかないことの方が、

アトピーを悪化させる可能性が高いことがわかってきたのです。

発汗は生物体として必要な機能ですから、体のためになる働きがたくさんあります。

汗をかきにくいと、それらの恩恵にあずかれないことにもなります。

アトピーを改善するために汗をかくことの大切さを知っておきましょう。

スポンサードリンク




汗の働き



汗の働きには3つあります1

1皮膚の水分量を保持する

2抗菌成分を皮膚に供給する

3皮膚温度を調整する


1は、

角質層に十分な水分を供給し、肌のバリア機能を高めます。また、肌にうるおいを与えるのも汗の働きです。

2は、

汗には免疫グロブリンや抗菌ペプチドが含まれていて、細菌などから肌を守ります。

3は、

汗をかくことで気化熱を放出し、体内温度や皮膚温度を下げる働きがあります。皮膚温が高いと炎症は悪化しやすくなります。

pen

発汗がアトピーの克服するためのもの


アトピー

汗をかくとかゆくなったり、症状が悪化したりするからと

入浴や運動を避けているアトピーの方がたくさんいます。

たしかに、汗の中には炎症を起こし、かゆみを生じる物質も含まれていますが、

続けて汗をかいているうちにそれに慣れてきて、むしろ汗の良い面が出てくるようになります。

逆に、汗をかきにくいことによって、体内に熱がこもりやすくなっていることが、

かゆみを悪化させる原因にもなります。

人間は体内温度が上がると汗をかき、汗を蒸発させることで熱を放出します。

ところが、汗をかきにくいアトピーの場合、毛細血管は皮膚温を低下させようと精一杯開いているのに、

汗をかけないので、体温は上がり、肌が赤くみえます。

かゆみの感覚は、37℃の体温でもっとも敏感になるとされています。

体温が上がりかゆみが増し、症状が悪化してしまうのです。

また、汗をかかないと、角質層の水分量が不足し、肌はカサカサになり、バリア機能は低下してしまいます。

カバは赤い汗をかきますが、それには強い抗菌作用があることがわかっています。

人間の汗にも抗菌ペプチドや免疫グロブリンなどの成分が含まれています。

これらの作用によって、皮膚にすみついている善玉菌である常在菌を守り、有害な病原菌の侵入を防ぐという働きがあります。


汗をかくのは体を守るためです。アトピー克服のために汗をかく体に戻しましょう!!


他にも汗に関する記事を読みたい場合はこちらをチェック
夏の冷え性に対して重要なのは汗をかくことだった!

鼻の汗を3分以内に止める5つの方法とは?



sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.