赤ちゃんが汗をかいて膝裏が悪化したときの対策方法


赤ちゃんが汗をかくのはごく普通ですが、

知らず知らずのうちに

膝裏に汗をかいていて、気づかないで放置してあせもになる可能性もありますよね。

私達大人も、夏になって汗をかきますが、

膝裏って結構やっかいなもので、いつの間にか悪化している!

なんてありませんか?

赤ちゃんは、もっとデリケートで敏感な肌を持っているので、

もし汗をかいて悪化してしまい、あせもになってしまった時は、

ちゃんとしたケアをしてあげましょう。

スポンサードリンク



あせもの原因



あせもの原因ですが、汗をかいてそれをそのままにしておくと、

肌にいる表皮ブドウ球菌という細菌が増殖し、

それが炎症を起こすのでブツブツとした発疹ができるといわれています。

赤ちゃんの場合は暑いと感じても自分で服を脱いだり、汗も拭けません。

おむつまわりや布団と触れている背中は特に汗をかいて、

赤ちゃん0

ジュクジュクしているんですが、それを言葉にできません。

そのため親がしっかり様子をみてあげないといけないのですが、

暑さに対する感受性の違いをつい忘れてしまうので、

わざわざ赤ちゃんが一生懸命暴れてはだけた毛布をまたかけてしまったりしてしまうんですね。

赤ちゃんの体を冷やさないようにと衣服や温度に気を配るのはもちろん大切ですが、

それ以上に赤ちゃんは暑がりだという認識を忘れないことが大切です。

スポンサードリンク




対策方法



では、あせもになった時の対策方法をご紹介致します。

皮膚の清潔と乾燥

これだけですが、ポイントがいくつかあるのでご紹介します。

ビックリ

1・夏場は汗をお湯をしぼったガーゼやタオルなどで拭き、

アンモニアの成分を皮膚に残さないようにしましょう。

できれば行水やシャワーでお昼寝のあとや外出から帰ったらお母さんも一緒にシャワータイムです。


2・ガーゼやスポンジなどは皮膚の重なっている所は洗いにくいので綿手袋

(薬局などで購入できる)に石鹸をつけて洗うとしっかり洗う事がきます。


3・お風呂あがりはすぐパジャマを着せない。

ママもお風呂上りに服を着たら暑いですよね。

一呼吸おいて粗熱がとれてから肌着を着せるとよいでしょう。

おくみる赤ちゃん

4・ねんねちゃんの赤ちゃんで手にかぶせるミトン(メッシュになっているものでも)で、

手の中が水泡のようなあせもが多くできる事があります。

こまめに爪をつんでなるたけ手や足には靴下もはかせない様に熱が逃げれるようにしましょう。


5・授乳などでもかなり汗をかきます。

湯たんぽを抱っこしているようなものですし、ママの体温も赤ちゃんに伝わります。

汗とりガーゼを背中に入れたり(授乳後にガーゼを抜く)、

タオルの腕カバーや扇風機やクーラーも上手に利用して乗りきりましょう。

扇風機


6・よだれかけを一日ず~とつけているとひもの部分で首の部分が赤くただれてしまいます。

T-シャツがよだれかけと思い1日何回か着替えましょう。


以上のポイントを押さえて赤ちゃんのケアをしてあげるようにしてくださいね^^



もし胸のあせもに悩みの方はこちらの記事をお読みください
胸のあせもが治らない人の2つの対処法とは?


sponsored link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.