膝裏の汗をある1つの食品のみで対策する方法とは?

この記事は2分で読めます

odoroki

夏の汗って嫌ですよね!

私個人的には、

膝裏と、首回りが一番気になってしまう部分です。

特に、汗をかいてそのまま放置したら、あせもになる可能性もあります。

あせもになると今度はかゆくて作業や寝る時に集中できなくて嫌!って

なる可能性があります^^;

そんな悩める汗にある一つの食品で汗対策できる食品があります!

スポンサードリンク




そもそも汗をかきやすい人の特徴って?



このかきやすい人の特徴には、

4つのパターンがあります。

・日常的に運動をしている人

汗腺も運動により鍛えていますので、体温が上がっただけで汗をかきます。

普段の生活の中でも、体温が上がると汗をかくという循環になってしまっています。

・肥満の人

身体全体に脂肪が多いために、体熱が外に放出されにくい傾向にあります。

疲れている子供

・更年期

閉経前後の女性に多い更年期。

ホルモンバランスの乱れから色んな症状が出る事がある。

ホットフラッシュとはよく聞きますが、

急にかっと熱くなり汗がどっと出る体質になったりする人もいます。

・自律神経が乱れて多汗症になった人

自律神経が乱れると身体に色んな弊害症状が現れる人も多くいます。

この4パターンの人は汗をかきやすいと言われています。


スポンサードリンク




汗かきに対する食品って?



では、膝裏や汗に対して有効な一つの食品ってなんなのか?

それは、

・豆

大豆

です。

何故豆なのかといいますと、

汗をかいてもサラサラにしてくれる作用、発汗を抑制する作用が あると言われているのが 女性ホルモンです。

言い換えれば女性ホルモンは多汗症対策に効果的だということです。

対策としてこれを食事から摂ろうとした場合、豆類が一番の有効な食べ物だと言われています。

イソフラボンには、主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれ女性ホルモンに似ている成分が 含まれていると有名です。

豆類というのは、納豆や豆腐など 色んな種類で食べる事ができ、

メインのおかずにしなくても 毎日の食卓の一品として毎回違った メニューで登場させる事が出来る重宝な食材です。

関西など昔から納豆を食べる習慣のない地域の方には納豆には食わず嫌い的な要素がありますが、

ラーメンに入れたりチャーハンに入れたり手巻きにしたり・・・とその使いまわし方は豊富です。

食べるのが 苦手な方は豆乳など。

多汗症対策だけでなく 納豆などは 健康にも効果が期待できる食品として

知られていますので 子供の頃から 食べつけていると健康対策にもなり安心ですね。

健康的に過ごすようにする為にも 多汗症対策に限らず、 豆類は薬と思って

よく食卓に登場させるようにしていきたいもんです。

是非汗に悩んでいる方は、豆を取り入れてみてください。


実はイソフラボンのパワーは他にもあるので気になる方はこちらをチェックです!
豆乳で肌がつるつるになったある一人の男の話

豆乳を男の人が飲むと髪の毛に変化が!


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 英語の勉強
  2. 本が並んでいる
  3. すやすやベイビー
  4. 体育の日
  5. 嬉しい顔
  6. 水泳(バタフライ)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人