夏の暑さに負けないサッカーの体力づくりの方法!


あとほんの少し体力に余裕があったらあの試合に勝てたのかもしれない・・・

スポーツをしていてこんなセリフを口にしたことはないでしょうか?

私も空手をやっていたのですが、このセリフを言ったことが

何度もあります。

今回焦点を当てるのは、サッカーでの話をさせていただきたいと思います。

サッカーでも競り合いでほんの少し余力があったら終盤で失点せずに、

引き分けに持ち込めたのに・・・という経験はないでしょうか?

・・・

ワールドカップ、大舞台でもプロの選手でもそんなことを心の中で呟いているでしょう!

そんなあとちょっと体力に余裕があったらなんてセリフを吐かないようにするために、

今回は特に体力の消耗が激しい夏場に備えて体力を上げる方法を紹介します!

スポンサードリンク

体力を上げる方法とは

ではさっそく、体力をつける方法を述べたいと思います!

に行く前に世界のスーパースターのプレイを見てやる気を高めておきましょう!

いきなりですが、ただ走るだけでは体力は付かないと言われています。

なので、以下のようなものをすると体力向上に繋げることが出来ます!

1.ラン&ダッシュトレーニング

複数人で行います。決められた円周、例えばコートの外周などを複数人でハーフスピードでランニングする。

先頭の選手だけがダッシュをスタートし、円周を回って集団の最後尾に追いつくまで全力で走ります。

追いついたら「ハイ!」などのかけ声で知らせ、その時の集団の先頭にいる選手が同じようにスタートする。

円周の長さ、人数、集団のスピード、実施時間によって自在に強度を変えられる汎用性が高いと思います。

サッカーは集団スポーツです。是非取り入れてダッシュの時から声掛けを行えば、

試合での連動性もUPして、試合運びもスムーズになり楽しくなると思いませんか?

どちらかと言うと有酸素性持久力よりの練習ですが、、ダッシュを入れるので強い心肺機能を育てることができる。

一人でラン&ダッシュを行うときは、走るコースとダッシュする区間を決め、時間を計測して行います。

ランニングのペースが日々速まることでタイムが縮まり、持久力の向上を実感できるでしょう!

sponsored link

2.シャトルラン

エンドラインに立ち、手前のフリースローラインまでをダッシュで往復し、

次にハーフライン、向こう側のフリースローラインまでを往復し、

最後に向こう側のエンドラインまで往復して戻ってきます。

これも無酸素性持久力のトレーニングとなるが、サッカーに必要な切り返しの動きを取り入れていれます。

3.ダッシュ&ストップ

10秒間全力で走り続け、ストップして10秒間のインターバルを置き、再び10秒間全力で走るを繰り返します。

非常に負荷が強いので、疲労の具合を見極めて時間を設定するようにします。

ダッシュの秒数を短くしたり、インターバルを多くとったり、本数をごく少なく限定したりして、

体力の向上とともに徐々に負荷をあげていきます。

間欠的持久力のトレーニングの一種。

無酸素運動が可能な回数を高めることで、爆発力のあるプレイを試合中に繰り返すことができるようになります。

ストップする際には勢いを流さず、しっかり止めて筋肉に負荷をかけます。

勢いを止める運動は筋肉を大きく育ててくれます。

4.ヨーヨーテスト

マルチステージテストと呼ばれる持久力テストの一種で、20Mの距離をヨーヨーのようにひたすら往復します。

専用の音源があり、その音に間に合うように20Mを走らなければならないのです。

初めはダラダラしたペースでできるが、徐々にペースが速くなり、

最後の方は連続したダッシュのような状態になります。

間欠性持久力を鍛えるのに有効で、往復回数を記録に取ることで、

自身の体力の成長やコンディションの変化を把握することができます。

精神的にハードな練習になりますにのでメンタル強化にも繋がります。

5.フットワーク

単純に走るだけではサッカーに必要な筋肉を鍛えることはできないですし、

試合でのスタミナもつきません。

フットワークトレーニングにはサッカーに必要な足の細かく連動した動作を鍛える意味合いがあります。

フットワークが苦手な人は多いが、単純に走ることもフットワークも、両方が大切です。

もしラントレーニングだけを積んで試合に臨んでも、

45分間持たずに十分な働きが出来なくなってしまいます。フットワークを避けてはならないようです^^;

以上になります。

是非取り入れたいものを一つでも見つけたら実践してみてください。

あなたが、サッカーの試合で体力が上がって相手に競り勝つことができるようになったのが

この記事を読んで競り勝ったのなら幸いです^^

サッカーは体力だけでは物足りない!スタミナを手にしよう!
夏の暑さに負けるな!サッカーでのスタミナ作りのコツ

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.