夏場はカレーを冷まして冷蔵庫に保存するといい!


カレーってつい沢山作りすぎてしまいがち。

次の日の朝も昼もカレーを食べる人って結構いると思います。

 

冬場なら寒さや湿度が低いので、
保存の仕方をあまり工夫する必要はありませんが、

夏場は特に困りますよね。

暑さと湿気によって直ぐに傷みやすくなる可能性があります。

 

なので

夏場のカレーの冷蔵庫に保存しましょう!

では、理由なども一緒にご紹介します♪

スポンサードリンク

夏場のカレーの保ち度って!?

 

夏場にカレーをそのまま
鍋ごとキッチンに置いておく場合!

の保ちやすさはどれくらいかご存知でしょうか?

 

大体6時間が限界だとも言われています。

とはいっても私の体感なのですが、

6時間も鮮度を保つのは難しいのはないかと思っています。

特に、じゃがいもたっぷりのカレーは

光の速さで傷んでいきます。

 

そもそもキッチンに放置は厳禁です。

理由は下の方に明記してあります。

 

ムムッ!二日目のカレーが実は怖い?

 

驚くかもしれないのですが、
よく家でカレーを作ると次の日もカレーを食べる

なんてことは多いという話は先程もしましたが、

実は

 

二日目のカレーが怖いのです。

 

えっ、カレーって一晩寝かしたほうが美味しいんじゃ・・・

じつはこれが大きな落とし穴!

 

理由は、

カレーの食べ残しは、夏場・冬場に限らず

食品の菌を繁殖させないためには

一般的に85℃以上の加熱を1分以上

することが必要だと言われています。

 

なかには、100℃以上でも死なない菌がいて

カレーを大量に作った場合などは、

加熱すると熱に弱い細菌などは死滅するものの、

熱に強い芽胞の状態のウェルシュ菌は生き残ります。

 

ウェルシュ菌とは、食中毒を引き起こす感染菌です。

カレーを常温で放置していると、

温度が下がってきたとき

芽胞状態から通常の状態に戻った菌が

急速に増え始めていきます。

増えますよ〜


では、いい保存法ってないのでしょうか?

大丈夫、きちんとありますよ!

sponsored link

カレーのいい保存方法ってあるの!?

 

では夏にカレーは作らない方がいいの?

って一瞬脳がよぎるかと思いますが、

ウェルシュ菌や食べ残し、暑さに対する保存方法は

 

早急に冷たくして、短時間で冷ます

ことがポイントになります。

 

カレーは、
ドロッとしているので、外側が冷めていても、

中はなかなか冷めにくいもの。

そうすると、中のほうは

長時間熱がこもった状態になり菌が増殖してしまいます。

 

なので

短時間で冷やすことが重要ポイントになってきます!

 

鍋をそのまま水につけて早く冷ますことができます。

カレーが残ったときには、

できるだけ平らで広い器に薄く広げて粗熱をとり、

冷蔵庫に入れましょう。

意外と知られていない!カレーと絶妙なトッピングの卵の夏の保存方法とは?

 

冷蔵庫に入れる際の注意

 

実は冷蔵庫に入れる時も注意が必要です。

それはカレーはほとんど鍋で作ると思いますが、

鍋のまま冷蔵庫に入れないことです。

 

理由は、

冷蔵庫にカレーの臭いが付いてしまうからです。

保存をしたい場合はタッパーに入れて小分けしてあげましょう!

 

冷蔵庫に入れたからといって、

いつまでも保存しておくことも厳禁ですので、

なるべく早めに召し上がってしまいましょう!

カレーを食べるかれ

夏のカレーの保存に困っている方は是非参考にしてみてください!

チャツネでコクを出せば、一晩寝かさなくてもカレーが激ウマに!


 

知ってましたか?冷蔵庫の電気代って安くできるって・・・
夏場の冷蔵庫の電気代を安くする裏ワザ集

sponsored link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.