魚釣りのクーラーボックスを改造して便利にする使い方!

この記事は2分で読めます

釣り

魚釣りって楽しいですよね?自分で釣った魚を食べたりするのもおいしいし、

ブラックバスのように釣ってサイズを叩きだして放流する形の釣りも楽しいですね。

ただ海、川の釣りどちらの場所でも必需品になってくるのが、保温・保冷をするための

クーラーボックスだと思います!

特に魚は生き物なので保冷の部分が気になるところ・・・。

今回はそのクーラーボックスを改造という簡単にできる一工夫を

加えてより便利にして使える方法にするための記事をまとめました。

スポンサードリンク



クーラーボックスにとって大切な保冷力ですが、

これを簡単にアップさせる方法があります。

それはクーラーボックスの内側に

断熱材のアルミシートを敷き詰めるだけです。

ホームセンターなどで売られているアルミシートを

ハサミでカットして、 クーラーボックスの内側に敷き詰めるだけです。

これだけで今まで以上の保冷効果を得ることが出来ます。

基本的にクーラーボックスの保冷効果は断熱効果の高さですので、

断熱効果が高まるような改造をしてあげることによって

保冷効果を上げることが出来るのです。

ただし、アルミシートを敷き詰めるのは簡単ですが、

中が少し狭くなるので、その点は注意して敷き詰めてみてください。

材料も100円ショップで買うことが出来ます。

なので簡単にできますしお金をあまり必要としていないです。

スポンサードリンク




効果ってどんなものなのだろうか?


私の釣り好きの友人に聞いたところ、

以前までは中に入れた氷が12時間もしないうちに水に戻っていたそうです。

しかし、改造後は・・・24時間以上経っても、氷の状態で残っていたそうです!

もちろん、半分程度は氷は溶けていますが、氷はしっかりと残っています

これなら、冷蔵庫代わりとして問題ありません。

保温アルミシート恐るべしと!言っていました

ただ、ちょっとした問題もあると言っていました。

クーラーボックスに保温アルミシートの巻き方を雑にしたみたいなんです。

とりあえず、ありったけのアルミシートをグルグル巻いてしまえ!っと。

その結果、うまく元の状態に戻せずに、内箱と外箱との間に隙間ができてしまい、

そのため、水抜き栓から軽く水漏れが発生したみたいなことを言っていました^^;

クーラーボックす?

なので、巻き方をちゃんとしないと保冷力は上げるみたいですが、

後に来る処理が大変なのでちゃんとしないといけないよ!

とも言ってました^^;



私の釣りをやる時期は主に夏だったので、保冷力アップは助かります!

なんせ夏は暑いですし、魚が傷みやすい。

そんな私と同じ思いの人は是非一工夫してみてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです。


魚釣りをさらに楽しく充実させるための記事はこちら
秋の釣りに行くときの服装はこれで決まり!

夏の昼間に釣りをデートにするならオススメはバス釣り

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ドラムを叩く男
  2. 女の赤ちゃん
  3. NOという女性
  4. やる気の学生
  5. 大学生ださい
  6. ボートデート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人