水筒の臭いを消したい時に重曹がおすすめできない訳とは?


夏になると暑くて水分補給は必須です!

そんな時にやっぱり重宝されるのは、水筒です。

ただ、昔から水筒に対して、私は嫌悪感を抱いていました。

何故なら、最初使っているうちはなんとも思わないのですが、

何回か毎日使用していると、嫌な水臭いのって気になりませんか?

飲み物が上手くそのにおいと融合している感じがしていて、

どうにも気もい悪いのです。

それがトラウマか私は、小学校の頃から、

水筒に対して嫌悪感がありました。

臭い

しかし、そんな嫌悪感を抱く私が、

水筒の臭いを消してくれる救世主がいたのです!

スポンサードリンク


重曹を使うのがいい?


あの、嫌な臭いに対して有効なのが、重曹です。

やったー救世主が現れたぞ!

これで嫌な臭いを消せるぞ!ってことなんですが・・・

そして、重曹を使ってタワシでゴシゴシして

よしこれで明日から綺麗な水筒で飲みもが飲めるぜって!って

思われがちですが、

実はこの行為かなり危険なんです。

理由は、

汚れ等を綺麗にするが、容器を傷つけるからです。

その容器を傷つける事に問題があるのです。

容器を傷つけると、ある問題が体に起きてきます。

スポーツをしていた人が容器の傷ついた容器で水分(スポーツドリンク)を摂った影響により、

めまい、頭痛、吐き気を訴えたそうです。

彼らが使用していた、

水筒の容器は、

保温のため水筒の壁は二重構造になっており、

通常は飲料に接しない二重構造の一部分にを使用していることが判明しました。

このケースの原因は、

水筒の内部が破損しており、スポーツ飲料を入れて長時間置いたことにより、

破損部分から通常は飲料に接しない二重構造の内部に酸性のスポーツ飲料が染み込み、

保温構造に使われていた銅が溶出したためと考えられました。

スポンサードリンク




もう一つ事例があるのですが、

保育園でやかんを用いて乳酸菌飲料を作ったところ、それを飲んだ園児が吐き気、おう吐の症状を呈しました。

やかんはアルミニウム製のものと思われましたが、長期間にわたって麦茶をわかす際などに使われており、

内側が黒色に変色し、金属の一部が腐食していました。

検査の結果、飲み残しの乳酸菌飲料から高濃度の銅が検出され、やかん内側の黒色変色部分からも銅が検出されました。

ばいきん

再現実験などの結果から、やかん内側から検出された銅は、水道水やお茶等に含まれる微量の銅イオンが、

銅よりもイオンになりやすい(イオン化傾向が高い)やかん表面のアルミニウムと置き換わって蓄積したものと推定されました。

長期間にわたってアルミニウム製のやかんでお湯やお茶を繰り返しわかしたことにより、

水道水等に含まれる銅が容器の内側に多量に蓄積(付着)し、そこに酸性の乳酸菌飲料を入れて保管したため、

銅が飲み物の中に溶け出したことが原因と考えられました。

2つのケースがありますが、

どちらも共通するのが容器の傷が原因です。

その傷に銅が水分と混じり、それを飲んで 嘔吐や頭痛など

体に悪影響をもたらしたのでしょう!

なので重曹を使うのはやめた方がいいでしょう!

臭いが気になったら他の方法や買い替える等

他の方法も模索しておきましょう!

この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
嫌なカビの汚れを服につかないようにする対策とは?



sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です