嫌なカビの汚れを服につかないようにする対策とは?

この記事は2分で読めます

ぴかぴか服

衣替えの時って服が変わるのでオシャルする感じが違ってくるので

なにかワクワクしないでしょうか?

でも、いざ衣替えの時に肝心のオシャレする服に、

嫌なカビの汚れがついていて、がっかりしてテンションが落ちたりしますよね?

そんな衣替えの時に爽快よく衣替えをして気持ちよくオシャレできるように

カビ汚れの対策をしっかりとしておきましょう!!

スポンサードリンク



具体的な対策集たち


収納方法

収納方法を工夫して、カビから大事な服を守ることが可能です。

大事なのは、キレイに収納することです。

服をキレイに洗濯してから収納するのが基本です。

T

カビの栄養(汚れ)を取り除くということになっていきます。

汚れやシミが付いたまま収納すると、次のシーズンに着用する時に汚れが酸化して黄ばみが発生したり、

特に天然繊維は、カビや虫食いで着用できなくなってしまう恐れがあります。

これを怠ってしまうから、衣替えの時にがっくりテンションを落とす要因なんですね!

なので、必ずキレイにしてから収納しましょう!

それで肝心の衣類から服を守る方法ですが、

衣類の収納は、直射日光にあてず、湿気のない通気性の良い環境で収納する事が理想ですが、

梅雨の時期は、どんなに気をつけていても、湿気からは逃れません。

湿気が多いと発生しやすくなるのがカビ・・・・

カビ

このカビの大好きな環境は、温度20から30度、湿度70%~80%と言われています。

これに酸素と栄養源があれば、いつカビが発生しても不思議はありません。

収納時にカビの発生を予防するには、下記の湿気対策が有効になってきます。

スポンサードリンク




衣類を詰め込みすぎないようにすること

ぎゅうぎゅうに詰め込むと通気性が悪くなるので、

湿気がこもりやすくなりますので収納ケース、タンスやクローゼットは8分目くらいを目安に収納します。

人間のお腹の腹8分目と一緒ですね!

クローゼットを使用している方はハンガーを使うのをオススメします。

ハンガーには除湿と防虫の効果がある、ヒノキやクスノキでできたものを使うのが

いいと思います!

湿気は下の方にこもる!

湿気は下にこもるので、衣類の素材によって収納場所を決めるのがポイントになってきます。

湿気に弱い素材は、ウールやカシミヤ、シルクなどの素材。

湿気に比較的強い素材は、綿や麻などの素材です。

一番下に新聞紙を敷いてあげるのもいいと思います。

衣類を収納する場合は、晴れの日を選ぶ

雨の日など湿気が多い時に衣類を収納すると、湿気も一緒にしまう事になりますので注意が必要です。

長期収納をしたい場合は、晴れた日に乾いた空気と一緒に衣類をしまいます。

また念には念を入れたい方は、除湿剤の使用も有効なのでおすすめです。

是非収納方法の工夫、湿度に気にしたりしながら、大事な服をお守りください。

また身近でよくある新聞紙とかでも有効に使えばお金もあまりかけずに

カビに対して対策することができますので、

そういったものもドンドン活用していってください!

参考になれば幸いです。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
20代のうちからしておきたいシミの対策とは?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. キャベツ
  2. 宿題
  3. 家
  4. 太い女
  5. フットサル女性
  6. 老夫婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人