夏の冷え性に対して重要なのは汗をかくことだった!

この記事は2分で読めます

汗かき

みなさんは、夏にも冷え性があるのは知っていましたか?

夏は暑いなのに、なんで冷え性なんてあるんだよ!

普通は、寒い冬に起きるものだと思っていませんか?

それはどうやら違うみたいで、夏にも冷え性があるのです!

スポンサードリンク



夏に冷え性が起きる理由


今から上げる理由は、特に女性の方に対してのものですが、男性の方も要注目です。

1エネルギーが不足している

夏は水着を着たりして肌の露出をする人が増えるため、ダイエットをしたい人が増えて、

ダイエットによって食事の摂取量が不足して、十分に体で熱を作れず熱不足となり

冷え性になってしまう。

2筋力の低下

体の熱は筋肉から発生させています。そのため、運動不足になってしまうと、筋肉の働きが低下して、

体内で生産される熱量が少なくなり、冷え性になるリスクが高まるため。

ちなみに、ボディビルダーさんは真冬に5度の寒い所でも、Tシャツ一枚で

満面の笑顔で暑いと言っているそうです。そのくらい筋肉からは熱が出てるのですね!

3自律神経の乱れ

そもそも「冷え」とは、脳内の自律神経から「体温を調節して!」の指令が送られない事が原因。

過度のストレスや生活習慣に乱れによって自律神経のバランスが崩れてしまう事により、

このような不調が起きてしまうと考えられています

4冷暖房(エアコン)に頼りきっている生活

クーラー

寒い時は身体が熱を作り出し、

暑い時は発汗により体温を下げるといった調節を脳の自律神経が行っています。

しかし冷暖房完備の環境で1年中暮らしているとこの調節能力が鈍ってしまい、

必要な時にすばやく体温を上げることができなくなり血行不良が発生して冷え性の原因になります。

5貧血・血流の悪化

血がドロドロ、ネバネバの状態になって、血液による栄養の補給や、

老廃物の排出が滞っている状態です。

手足の先の細い血管に血が流れにくくなるので冷えを感じるのです。

寒気

6ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、月経不順や無月経などのほか、

カラダにさまざまな症状があらわれることがあります。冷え性もそのひとつ。

ホルモンバランスの乱れによって、自律神経の働きが低下し、

手足の先まで血液が十分に行きわたらない状態になります。

スポンサードリンク




といった理由が上げられます。

夏の冷え性に対する処置や対策はたくさんありますが、

そのうちの一つとして、汗をかくことが重要だということです。

なぜ汗をかくのがいいのか?


夏の冷え性を感じる方は特にこの時期に、汗をかくことがとても大切です!

理由は、人間の体は熱い時期汗をかくことで自ら体温の調節をします。

他にも汗をかく事で体内の老廃物を排出するという重要な役割を果たしているのです。

もちろん、大量に汗をかいたままほおっておくと、

冷えた汗により体を冷やしてしまったり不快な臭いを発生させたりするため、

着る服には、汗を吸うコットンなどの素材を使用したり、こまめに着替えをする、

タオルやハンカチなどできちんと汗を拭く
ことが大事です。

他にも対策法はたくさんあるのですが、

そのうちの一つとして汗をかくことが重要なので、対策として参考にしてみてください。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
え、夏に冷え性?その主な原因はある食べ物にあった

アイスクリームはカロリーの吸収が悪いので太らない?


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 口内炎
  2. 会話
  3. 朝日
  4. 豆乳
  5. アイスクリーム1
  6. 眼鏡
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人