かき氷を天然水で作ると頭痛にならないのは本当か?


夏になるとお祭りとかで決まって、つい食べてしまうのがかき氷ではないでしょうか?

また家で自分好みのシロップをかけて食べるのもおいしいですよね♪

ただ、冷たいかき氷を食べていると、頭がキーンと痛くなる時が

ありませんか?

せっかく美味しく楽しくかき氷を食べていのに、

頭がキーンとなったら、その時の幸せな気分が台無しです。

そんな幸せな気分を食べ終わるまで、維持するための方法があります。



まず、かき氷を食べて頭がキーンとなる理由


かき氷に限らず、夏場に冷たい物を食べると、頭がキーンとなりやすくなりますよね?

それには2つの理由があります。

一つ目は、

関連通と呼ばれるもので、冷たい物をいっきに食べると、

雪や氷水に長時間触れた指先が痛くなるのとと同じように痛みの受容体が刺激されます。

これは、冷たさによる刺激が強すぎて、

三叉神経から脳への感覚信号の伝達が混乱し冷たさを痛みとして

頭痛?

脳が錯覚してしまうからだとされています。

二つ目は、

炎症説です。

急激に冷えた口内を温めるために、

血の量を増やすために太くなった頭の血管に一時的な炎症が起きるみたいです。

いずれにしても、

アイスクリーム頭痛は「暑い場所で」「急激に」食べることが発生の主な要因です。

スポンサードリンク




天然水でかき氷を作ると頭痛にならないの真実は


天然水でかき氷を作ると、果たして頭痛になるのか?

結論から申し上げますと、

天然水は関係ないです。

それよりも、

頭がキーンと痛くなりにくくするポイントは、

氷の保存とその温度である。

通常は-約20度辺りで氷を保存しておくのだが、

キーンをなりにくくする温度は、

-5度くらいがベストなのだそうだ。

また、かき氷を作る氷を砕く歯も重要だ。

かき機械

鋭い刃で低速で削ることで、

羽のような繊細な氷ができる。

このように削った氷は口の中ですぐ溶けるため、頭がキーンと痛くなりにくくなります。

他のキーンしにくくする方法


また、かき氷を始め、冷たい物を食べる時に、キーンを減らすポイントはこれです!!

冷たい物を食べてキーンとするのにも医学的な名称が実はあります。

それは、

アイスクリーム頭痛です。

キーンの医学的名所です(笑)

このアイスクリーム頭痛を天然水を使わないかき氷、全く天然水が

関与していない冷たい物を食べる時に、少しでもキーンを抑える

ポイントとしては、

少しづつ食べることです。

また先程、暑い場所でもキーンの原因になると述べました。

もしあなたが、暑い場所で、早口で食べていて、

キーンと悩む場合は、

少しづつ味わいながら食べることをおすすめします。

私的に、クーラーが効いた室内でも、

一見、温度が涼しそうにみえますが、

暑くないので、早口で食べてしまえと思いますが、

ゆっくり食べた方がやっぱり無難でしょう。

夏にかき氷やアイスクリームを楽しく笑顔で食べたい人は是非

参考にしてみてください。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
え、夏に冷え性?その主な原因はある食べ物にあった


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です