蜂の巣を駆除をするのに適切な時期があります。


夏になると、蜂が飛んでいて、とても怖いですよね。

特に、一番厄介でよく紹介されるスズメバチなんかはとても凶暴です。

おまけに、巣がデカくて、撤去、駆除もなかなか難しくて、

ほっとおくと、いつ自分が刺されて痛い目に合うかは分かりません。

しかし、いつまでも放置していたら、それが不安になって、

ストレスを溜めてしまいます。

悩み

なので、ストレスで悩まされない為にも適切な駆除する時期があるので知っておきませんか?

今回は一番の厄介者スズメバチの巣の駆除の適切についてご紹介します!



スズメバチについて知っておきたいこと


まず、スズメバチがいつ頃活動しているのかというと、

7月から10月です。

この時期にスズメバチの巣に近づくと大変危険で攻撃を受けやすくなります。

なので絶対に近づいてはいけません。

また、女王蜂は冬を越せるみたいですが、

ほとんどの働き蜂等は寒さによって死んでしまいますし、

一年毎に巣を替えていくみたいですね。

このような事を照らし合わせていくと・・・

スズメバチの蜂の巣を適切な時期に処理をしたい場合は、

冬の1月から3月辺りが頃合いかもしれないですね。

え、女王蜂は冬を越せるから襲ってこないか心配だって方がいるかもしれないですが、

女王蜂の場合、ほとんど此方から刺激を加えない限りは、襲ってくることはないです。

女王蜂の最大の働き役目は、まず子孫を残すことです。

なので、人間を襲った場合、逆に、

やられてしまう可能性があって役目を果たせなくなる可能性があるので、

防衛本能的に逃げることを選ぶそうです。

スポンサードリンク




補足として、

アシナガバチについて説明します。

アシナガバチもよく見かけると思います。

むしろよく、此方の方が、目に触れる可能性が多いです。

なので、アシナガバチについても知っておきましょう。

アシナガバチも女王蜂のみが冬を越すことができます。

巣を使われるのも1年だけです。

スズメバチと違い、性格はおとなしくて、攻撃性が低い蜂でもあります。

といって、間違っても巣には攻撃しないでください。

防衛本能によって、攻撃してくる恐れがあります。

巣を駆除したい場合は、スズメバチと同じく冬がいいでしょう!

ただ、スズメバチもアシナガバチも冬でも中に潜んでいる可能性があります。

蜂

それは何故かといいますと、

最近冬の寒い時期でも、蚊がいます。

虫は、人間と違い、早い時間の中で環境に対抗する力が付くと言われています。

なので、寒さに強くなった蜂がいるかもしれません。

ですので、何も装備しない無防備なままで、駆除をしないでください。

注意書き


今回まとめたことは、巣の駆除の適切な時期です。

蜂の駆除ではないのでご注意ください。

あくまで巣であって、中身の蜂ではないのでご注意してください。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
もし幼児が蜂に刺された時の対処法とは?

虫嫌いな人必見のムカデ対策にはハーブがいいって本当?


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です