猫はきゅうりをエサとして食べても大丈夫なのか?


日本の家庭で一番に飼われているペットは、だと思います。

 

そしてこの2つのペットには、

家族同様の愛情を注ぐ人がとても多いと思います。

なので、日常生活で私たちが食べているものと同じものをエサとして

キャットフード以外にもあげている人がいると思います。

 

しかし、人間は食べても平気だけど、

うっかり猫に与えたら、重症化してしまうもの。

そんな恐ろしい食べ物が家庭には紛れています。

 

例えば、犬にスイカを与えると、下痢になったりします。

え、犬がスイカを食べると下痢に!?その驚きの真相とは?

 

なので、今回は夏に旬で私達人間が食べる、

きゅうりは猫が食べても平気なのか?についてまとめました。

スポンサードリンク

猫はきゅうりを食べても平気なのか?

 

結論からいいますと、大丈夫です。

 

しかし、味付けされた、塩辛い漬物にしたもの、キムチにしたものは、

猫の味覚を狂わせ、腎臓障害胃炎内臓障害を引き起こします。

また、きゅうりに限らず

塩で味付けされたものは猫に与えると危険ですので

きゅうりが大丈夫といっても与えないよう注意しましょう。

 

 

それと、きゅうりは野菜ですが、

同じ野菜でも与えてはいけないものがあります。

それは、

ネギ類(玉ねぎ等)です。

 

玉ねぎに入っている、アリルプロピルジスルファイドなどの成分が

赤血球を破壊する為に

溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こします。

 

量によっては命の危険にも繋がりますので、
玉葱を煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険です。

 

それと、実はあと2つきゅうりについて懸念があります。

その2つの懸念とは!?

sponsored link

え、きゅうりに栄養がまったくない?

 

実はきゅうりには全く栄養がない説があります。

そしてなんとそれは、

ギネスにも最も栄養価の低い果実として認定されています。

 

オーマイーガー!!!


きゅうりの中身の9割が水分でできているそうです。

 

ただし、カリウムが豊富に含まれていて、

利尿作用やむくみ解消に効果的です。

 

ほかには、

脂肪を分解する酵素や

抗がん作用が期待される成分が確認されています。

 

また、体を冷やす働きや、アルコール代謝を促す働きもあるので、

夏バテ防止のために食べるといいようです。

 

猫には適していなくても、人間には適していますね!

猫のぶんもきゅうりを食べましょう。

 

きゅうりの食中毒に気をつける!

 

先程、きゅうりの90%は水分でできていると言いました。

きゅうりが旬の季節は夏の暑い季節です。
なので、きゅうりを食べるとしたら、夏でしょう。

 

ただ、注意してほしいのが

昔、私の住んでいる地域でお祭りで冷やしきゅうりが原因で

食中毒になった事件があって

地方のテレビニュースで放送されました。

 

なので、きゅうりに限らず水分が多い食べ物は

数日経ったものをエサとして与えるのではなくて、

新鮮な物を与えた方が猫の為にいいと思います。

もしエサできゅうりを与える前に、このブログ記事が参考になれば幸いです。

 

でも、きゅうりよりは


「ちゅ〜る」を与えて上げたほうが大喜びデスヨ♪

 

知らないと絶対にあなたとあなたの大事な犬が損をする!?
素朴な疑問、犬はエサにスイカを食べていいものなのか?

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.