水泳で体脂肪率を減らすことができるのか?


夏と言えば、海水浴が表だって盛り上がりを見せますが、

夏の暑いときに、冷たい水に浸りたいって人も多くて、

プールに入りたい又は水泳でダイエットしたい人は多いのではないでしょうか?

トレーニングジムは5月くらいになると急に水着を着たい人の為に混むんですよね汗

で、今回は、水泳で体脂肪率が減らすことができるのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク


水泳でそもそも体脂肪率は減るのか?


結論から言いますが、減らす事は可能です。

何故なら、水圧がかかる運動であり、全身の筋肉をかなり使うため、

脂肪燃焼が大きく期待できる
からです。

人間は水中に浮くためだけにも、エネルギーを使うので、燃焼に期待できそうです。

ただ、浮いているだけでと長時間の時間が必要なため、あまり効率は良くないです。

それと、水泳時は、ほぼ服をまとっていない状態で、体温が、

下がりやすく、人間の体はそれを防ぎなおかつ体温を上げるために、脂肪を燃焼


するという人もいます。

さらに、水泳をすると、実は他にもいいことがあります!

水泳は体脂肪率を減らす以外にもこんなことが・・・!


実は、水泳には体脂肪率を下げる以外にも実行すれば、

体に良い事があります!

絶好調の人


・血行の循環を良くする。

・血中コレステロール、動脈硬化を予防する

・高血圧を予防し、血圧の調整を行ってくれる

・心筋梗塞、脳梗塞を予防して、糖尿病の進行を遅らせる。

・肥満を予防するのと同時に減量効果を高めてくれる。

・ストレスに強くなり、精神、気分が爽快になる。




スポンサードリンク





と、かなり現代の人の多くが悩む、生活習慣病の予防にもなります。

ただし、どうやらいい事ばかりではないようです。

水泳時注意すること


前半では水泳のいい事ばかり述べさせていただきましたが、

注意しないといけない部分もあるので、

注意事項を守って、楽しく、理想の体と健康を手に入れましょう。

・準備運動をする

これは、体のストレッチを怠らない事と、長時間泳ぐ場合には、軽めのアップをして泳ぎましょう。

水泳は体全身の動きを使いますし、普段使わないような筋肉を使用して刺激をするため、

筋肉痛になりやすいので、絶対にしておきましょう!

・オーバーワークしないこと

分かりやすくいえば、無理をするなってことです。

やりすぎに注意をするということです。

オーバーワークは、心臓に悪影響を及ぼし、期外収縮不整脈を発生させます。

さらに、オーバーワークは、腎臓にも負担を与え、腎臓のろ過機能が十分に働かなくなって血液の成分が、

尿中に出てくる
病気を引き起こします!

いくら体に良いと言っても、やりすぎは、体に悪いと言う事ですね。

筋トレでも一日2時間以上すると、体の中の糖類の成分がなくなり、逆に筋肉を分解してしまうそうなんです。

なので、水泳もやりすぎは良くないみたいですね。

適切な量をこなして、無理せず楽しく継続して、理想の体を手に入れてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
サーフィンをするために必要なのは下半身の筋トレなのか?



sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.