大豆のイソフラボンで胸(バスト)が大きくなる!

この記事は2分で読めます

大豆

大豆のイソフラボンで、バストアップできたら、

美に対しての意識が高い女性にとっては朗報ですね♪

ちなみに、私は男性ですが、筋トレで大胸筋を鍛えているのですが、

筋力UPの補助として豆乳を飲んで、イソフラボンを取っています。(参考になるかは別です・・・)

この記事を書いている時には、飲み始めて5か月ですが、

徐々に効いています。

スポンサードリンク



何故!?イソフラボンでバストアップが可能なのか?


大豆のイソフラボンには、女性ホルモンに似たあるものが活性化させるためです。

その、女性ホルモンに似ている、ものとはエストロゲンです。

エストロゲンは、活性酵素を抑えてくれます。

活性酵素は、老化の原因、肝臓機能の低下、しみそばかすを作る、血管を詰まらせる。

となかなか私達の体に悪い影響を与える悪いものです。

なので、この活性酵素に対して、エストロゲンが良いと言う事です。

主なエストロゲンの働きは、

・肌の新陳代謝を促進して肌のツヤを良くする。

・噛みのツヤ、さらにハリを出し保つ。

・コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ

・骨を丈夫にする。

・自立神経を安定させる(イライラを抑える)

・皮下脂肪を発育させ、丸みのある女性らしい体を作る


といった働きがあります。

スポンサードリンク




皮下脂肪を発達させると言う事は、バストアップに繋がりますね。

しかも、バストアップだけではなく、女性が特に美に関しての悩みを持つ人が、

やはり多いかと思いますが、

イソフラボンを取れば、女性の命と言われる髪にもいい影響があるんですね!

参考になるかは分かりませんが、

私は、上の中で効果の実感を感じるものは、

・髪の毛のツヤが出たのと、

・イライラが少なくなったのと、

・肌の新陳代謝が良くなったのを感じています。


どうやってイソフラボンを取るのか?


これを見て、大豆イソフラボンを取ろうと思ってくれる方もいるかもしれないです。

でも、どんな風に取るのか分からない人が多いと思います。

なので、イソフラボンが多い食品・食材があるので参考にしてみてください。

納豆

納豆50g イソフラボン65.0mg

豆乳125ml イソフラボン 69.0mg

豆腐パック半分110g 55.0mg

です。

イソフラボンの適正量は、75mgくらいだそうです。

もう少し低いと言う人もいます。

私は、豆乳を1回200mlとして、それを一日に2回飲んでいます。

豆乳

ただ、イソフラボンは適正な量を守らないと、良くないという人が多いので、

適切な量はお守りください。

でないと、

甲状腺機能・不妊症・骨粗しょう症・乳がんのリスクなど、大きな病気へ影響も指摘されています。

なので、美容の為にといっても、

毎日馬鹿みたいに適切な量の2倍を取っても体に毒ですし、人間の栄養素の消化できる容量は決まっていて、

それ以外は全部排出されるので、毎日少しづつ適量を続けるのが、

バストアップと美容の為と体の為といえそうですね!


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
豆乳で肌がつるつるになったある一人の男の話


豆乳を男の人が飲むと髪の毛に変化が!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 蜘蛛
  2. コーヒー2
  3. 会話式
  4. 歯が綺麗
  5. 酢
  6. アボカド
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人