サーフィンをするために必要なのは下半身の筋トレなのか?


夏はサーフィンが一年の中で一番の盛り上がりを迎える時期です。

海に入るのは、もちろんですが、

やっぱりサーフィンをしたらかっこいいですし、

挑戦したい男性も多いでしょう。(女性のサーファーは綺麗な人が多いとも聞きます)

スポンサードリンク


サーフィンに必要なものとは?


さて、サーフィンに必要なものといえば、

サーフボードは当たり前ですが、

ここでは道具等の説明は一切省かせて頂きたいと思います。

では、サーフィンに必要なものって何なの?

ワイキキビーチ

それは、下半身のストレッチです。

意外でしょうか?

筋肉を増やすことだと思いになりませんか?

デッドリフト、スクワット、レッグプレスをして下半身を鍛えるのも

有効な手段かと思いますが、

サーフィンはデッドリフトができない小学生でも出来るので、

あまり要らないと思いますし、サーフィンをする為だけなら、

勝手にやっていれば手に入ります。

ストレッチの重要性


では、何故ストレッチが重要なのか?

ということを話したいと思います。

それは、海に入り全身を使って行うからです。

海でなおかつボードに乗るためかなり日常生活とは違い、

不慣れな恰好を続けるため、それによって、

おかしな姿勢や動作を混ぜていくために、

足をつったりする可能性もあるので、

ストレッチは入念に行いましょう。

スポンサードリンク




どこをストレッチするのか?


ストレッチ

ストレッチをする場所は、股関節です。

テイクオフといった動作は、股関節が硬いと難しいですし、

硬いままだと、痛めるし、テイクオフを上手く決めるのが難しくなります。

余談ですが、

股関節を柔らかくしておくと、サーフィン以外にもお得なことがあります。

例えば、

・歩く姿勢が綺麗になったり、怪我をしにくい。

・サーフィンの為に筋トレをしたい場合スクワット等をする場合にも有利ですし、

・疲れにくい体になる

・新陳代謝が良くなる

・腰やひざの負担がへる

・肩こりが改善

・おなかがへこむ

・ヒップがあがる


などがあります。

股関節をストレッチして柔らかくして刺激を与えれば、

色々な物を良くしてくれて、知らず知らず健康になりますし、

サーフィンでよく使う肩にもいいことがあります。

どういった股関節のストレッチがいいのだろうか?


一番お手軽で重要なのは、

四股です。

四股をふんばる相撲取りのような恰好をする感じのストレッチです。

他にもタオルを使って、ヒザを伸ばしたりすると伸びを感じやすいのでおすすめです。

仰向けに寝てカエルのような姿勢になって、足をくっ付けて足をヒラヒラ

させるのも、手軽でおすすめです。

しかし、これはあまりやらない方がいいストレッチもあります。

それは、開脚です。

意外と学校の授業とかで開脚をやったかと思いますが、

初期の段階で開脚をしてしまうと、スジをかなり痛めやすく、治らない可能性もあるので、

開脚はおすすめできません。

以上のようなストレッチがおすすめです。

分からない場合は、本屋さんに行って一冊ストレッチ本を買うのがおすすめです。

股関節を柔らかくして、

かっこいい技を決めて夏のサーフィンライフを楽しんではいかがでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございました。


この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
大人より危険!幼児の日焼けケアをちゃんとしよう。




sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.