話すのが苦手で障害に感じる人が絶対に知っておきたいこと


話すのが苦手なんです・・・

って人は多いですし、よく見かける。

接客が必要なアルバイトの人でも接客が苦手
ですといいながらバイトをしている人がいる。

これは、話を聞くと、意外と話すのが苦手って場合が多いと感じます。

といっても、私も話すのが苦手だと自分では思っているし、
自分でも上手く相手に伝えるという能力は残念ながらショボイ
と思ってます。

しかし、異性の人は

  • 誰とでも仲良くなれそう!
  • 喋るの下手でしょ!って聞いてもそんなことない!
  • あんた(〇〇)超ウケる!
 

って言ってくれたりします。

異性に話しかけるの苦手って人って多いと思いますし、
私も得意ではありません。

ですが、上の言葉を言ってもらえます。

今回はその秘訣のようなものをご紹介します。

スポンサードリンク

会話が苦手ならこうしてみよう

よく、本屋に一流の話し方みたいな本が売ってますが、

読んでいて辛くないですか?
私は辛いです。読むのはいいと思いますが、あんまし使えないのが多いと思います。
もちろん、なかには、重要なことを言っている本もあります。

ですが、そんな本を読んだとしても会話意識って取り払うのは難しいです。

なので、私みたいな普通の人間がいうような方が大衆に向いてるのではないか?

と思ったので、私なりのやり方を紹介させてください!

やってみよう

1.上手く喋ろうとしない

上手く喋ってやろうとして、斜に構えて失敗するってパターンです。

これは、

意外と会話が苦手な人がこういったパターンにハマっている可能性があるかなと思います。

実際私はそうでした^^;

上手く喋りたい・・・と思いながら喋ると強迫観念が出てしまい、

逆に下手になってしまうことに気付いたので、

開き直って、下手くそでもいいや!と思いながら喋ると、
意外に笑いも取れるようになるのでおすすめです!

喋るネタがないのであれば、こちらを参照してみてください!

sponsored link

2.最初は聞き役に徹してみる

苦手意識がある人は、そもそも対人とのやり取りが難しいかもしれません。

過去に私が陥ったものに、「人と喋りたくない!」と思ってしまったことがありました。

そうすると、どんどん喋るのが苦手になっていきます。

 

だからもしここから最初に脱出したい場合は、

最初は人の話を全力で聞く事だと思います。

この時注意したいのが、

絶対に相手と目線を合わせることです。

 

目線を合わせないって相手に思われると、

相手は自分に興味をもってない!って思い、相手が話しかけてくれなくなってしまうかもしれません。

せっかく自分が脱出しようとしているのに、相手が寄り付かなくなってしまいます^^;

最初は超抵抗があるかと思いますが、慣れたらこっちのもんなので、

やりましょう!

 

特に女性の仲良くしたい場合は、目線を合わせるのは、必須です。

女性は自分の話をしたいし、聞いて欲しいのです。

男性以上のかまってちゃんなんです!

その女性に対して、目線を外してしまうのは、アウトです。

失恋

ちなみに、私も昔できなくなくて、目線を合わせていない時期は

女性受けは悪いです(笑)

合せるように努力したら、冒頭の3つの言葉を頂けました!
  • なるほどね~~~
  • そうなんですね!
とか相槌と一緒に返答することもやっていきましょう。

慣れて行けば、どんどん話を発展させていけると思います。

イケメン1

以上。

この2つになります。

 

本に載っていることよりも、簡単だと思うし、大事なことだと思うので

是非使ってみて下さい。

苦手意識がないけど、イマイチ自分の話が笑ってもらえないと感じている人へ
人生のあらゆる場面で使える!人から爆笑を頂く話し方とは?

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です