え、夏に冷え性?その主な原因はある食べ物にあった

この記事は2分で読めます

冷え性

冬の寒い季節も終わり、春を迎えて

桜が咲いて、新学期や新生活が始まり、

お花見に出かけたり、遠足に行っていたりすると、

気付けば夏を迎えようとします。

夏はとても暑いので、つい冷たい物を飲んだり食べたりしてしまいますよね?

で、女性は特にそうですが、天敵の冷え性は夏にもあります。

スポンサードリンク




夏にも冷え性がある


冷え性って、冬の寒い時期だけにあると思っていませんか?

いえ、違います。冷え性というのは、夏にもあるんです。

意外な事実だなと思いませんか?

だって、読む時の如く、冷え性は、

寒い時期の冬に起きそうなものですよね?

夏は暑いし、逆に暑くて熱中症だってあるくらいなので、冷えなんかあるはずない!!

そう断言できてしまうかもしれませんね。

余談ですが、私は男性ですが、夏でも足の裏が冷えています

実はある食べ物が冷えの原因を作っている


夏の冷え性を起こすものとして、ある食べ物が原因です。

知っていましたか?

その正体は、

・スナック菓子
・チョコレート
・牛乳
・アイスクリーム
・白いご飯
・うどん


(砂糖も体を冷やします)

これらの物ってよく夏にバクバク食べていそうですよね?

特にアイスクリームはよく口にするでしょう!

アイスクリーム

アイスクリームは体内に入ると、1度から2度下がると言われていて、

一度でも下がると免疫力が37%落ちると言われていて、

体内酵素の働きを悪くします。

他にも、体温を下げると、万病の元と言われていて、

花粉症や視力の低下も体の冷えが原因という人もいます。

スポンサードリンク




これらをみて、なるべく、アイスクリームとか食べない人も中にはいると思います。

なので、なるべく体を冷やさない食品をご紹介します。

夏に体を冷やさなくする食品とは?


・しょうが
・ねぎ
・にんにく


が代表的です。

まずしょうがですが、

これは生姜湯にして飲むのがいいと思います。

また生姜湯には、以下の効果も期待できます。

・体を温める
・風邪予防
・生理痛の緩和
・ダイエット効果
・腰痛、吐き気の緩和


が期待できます。

ねぎは、

お味噌汁等に入れて、

風味を味わって召し上がるのが良さそうですね。

にんにくも、昔からスタミナ食として知られていて、

にんにく

疲労回復やなんとがん予防にも期待できるそうです。

しょうがと同じで風邪の予防もしてくれるそうです。

しかし、食べ過ぎは下痢や口臭の原因になるの適切な量を守ってください。

冷え性は冬だけでなく、

夏にも存在していて、私たちの体に害を与える存在ですが、逆に克服できれば、病気になれないと思いませんか?

夏の冷え性は、体の悪化を防いでくれるサインかもしれませんね!

この記事を読んだ方はこちらもおすすめです。
水泳・海でダイエットを促進させる方法



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 帽子
  2. 合コン
  3. 幼稚園
  4. 寒気
  5. 桃
  6. テスト女子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人