知らないとマズイ!大学の単位は出席をしないと落とす


大学は楽しい事もばかりです。

しかし、楽しいこともあるけど、

ピリピリしてしまうこともあります。


それは、なんといってもテストをパスして

単位を取得することでしょう。


だけど、単位を取得するのは、簡単に思えて

意外と難しかったり、ちょろいぜ~!


なんて思っていたら、落ちて不合格になっている場合だって

実際あります。


なるべく単位は一発で自分の望む単位は取得したいでしょう!


今回はそうなるようなヒントを述べたいと思います。


スポンサードリンク



出席を取る、取らないの話



よく先生の中には2つのタイプがいる。



先生・講師

一つは、出席を成績に加味するタイプ


2つめは、テストのみで成績をつけるタイプ


この二つに分かれています。


一つ目のタイプは出席を加点するに加えて、

授業にどのくらい出ているのか?といった調査まで含まれています。

つまり、規定回数行かないと成績が幾ら良くても


落ちる

ことになります。


もう一つのタイプは、

テストのみで成績をつけると言っておいて、


いちよう出席みたいなのを取る先生が私の時は大半でした。


この2つのタイプで問題なのが、


実は二番目なんです!!!


その理由を詳しく説明したいと思います。


スポンサードリンク





出席は絶対した方がいい!



昔、大学に行っていた時なんですが、


2番目のタイプの先生の授業を受けました。


で、その先生は、テストのみと言っていたので、

当時私はヤサグレテいたので、


授業は多分3回くらい行って

テストに臨みました。


結果的には、

多分スレスレ合格だろうなと思っていましたが、


見事に不合格でした。


なんだよ!嘘じゃん。とか思いながら、


授業中に小テストをやっていたようなので、

そのテストを一度も受けていなかったので、加点なし。


それは落ちるでしょうって話です(笑)


他の授業では、出席はセーフだと思っていたけど、

やはり出席が足りずに不合格な事がありました。

しかも、超大変な科目の授業だったので余計に辛いです(笑)

授業2



これを踏まえると、


出席はしなくても良さげな授業でも

出た方がいいと思います。

退屈で暇すぎても出ましょう(笑)

暇つぶしの方法もあります!


テストは、結局授業内でしか出されない場合も多いですし、


意外と授業中の無駄な雑談のような事がテストに出る場合もあります。


経済とか社会学のテストでその傾向は強いです。


さらにもしかしたら、出席が・・・


救済になっているケースもあります。

特に3、4年生はそうなる可能性があります。


なので、サボらずに授業には出席することをおすすめします。



大学の単位取得が心配な方へ!
絶対大学の授業の単位をゲットするテスト勉強の方法とは?


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.