赤ちゃんの歯の黄ばみを抑えるポイントとは?

この記事は2分で読めます

ぴかぴか歯

赤ちゃんの歯の黄ばみをどうにかしたい・・・

そう思うお母さん多いと思います。

私達大人でも、歯に黄ばみがあると相手からの印象

下げることになるといいますし、実際にそうです。


よく小さい時の歯の手入れ

習慣が大人になってくると

よく行きつけていた歯医者の先生に言われたことがります。


日本人は歯に疎すぎるとも仰っていました。

私も先生の歯医者に行くまでは

歯なんて、なんとなくで過ごしてきましたが、

それでは駄目だと分かりました。


赤ちゃんの時の歯の黄ばみを放置して
大人になって印象を悪く持たれてしまい

苦労してしまう可能性もあります。

なので、赤ちゃんの時にできた
黄ばみにはちゃんと向き合っていきましょう。


そのポイントを紹介していきます。



スポンサードリンク





赤ちゃんの歯から黄ばみをなくすには?



では、早速黄ばみに対しての対策ポイントを見ていきましょう^^!!7

ポイント

の前に・・・


何故歯が黄ばむのか?


抑えるポイントに行きたいのですが・・・

その前に歯が黄ばむ原因を知っておきましょう。

原因を抑えておけばそれだけでも対策することが可能でしょう!


歯の黄色い汚れには、一般的には、

以下のもであります。


・プラーク、

・着色

・歯石、むし歯

・フッ素




などの理由が考えられます。



スポンサードリンク






ではどうすれば黄ばみから歯を白く守るのか?



やってみよう


一つ目が、

歯の構造する上でよく聞いた事があると思うのですが、

エナメル質というのがあります。

このエナメル質が汚れると、歯が黄色くなります。


エナメル質への汚れが原因の着色黄ばみに関しては、

食べた後にすぐに歯を磨くことが有効です。

歯磨き粉を使って、ブラッシングすると案外すぐにきれいになるようです。

しかも、毎日ではなく、時々使うだけでもその効果はあるのです。

使う歯磨きをオススメするとすれば、


黄ばみのの原因にもなる、フッ素が入っていない、

せっけんハミガキがおすすめです。

私も使っていますが、

刺激物も少ないので歯に優しいなと感じています。



二つ目に、

エナメル質と同様に歯のを作る上で重要な組織に象牙質があります。


これも変化すると、歯が黄ばみます。

象牙質は、

歯磨きだけでは内側まで白くすることができないので、

歯科医院で象牙質に薬剤を浸透させて行う、

ホワイトニング治療を受けるのがよいようです。

ただ、専門家の多くは、乳幼児にたいしては必ずしも使う必要はないという考えのようです。


3つ目に、

虫歯が原因のときには、初期段階であれば、

歯科医院でティースポリッシングを施してもらうときれいになるようです。

しかし、進行したものは変色した部分を削って詰める作業が必要になります。


でこの3つを踏まえたとても重要なのが、・・・

歯磨き母子


歯磨きの徹底


これに尽きます。


食事の後はすぐに歯を磨く” ことを習慣にしてあげましょう。

このすぐにというのがポイントです。それが、歯の着色を防ぎ、虫歯を遠ざける近道となります^^

すぐに行った方がいい理由はこちらを参照
赤ちゃんの歯磨きの理想の時間帯とは


是非小さい時からの歯磨きを徹底しておけば、

赤ちゃんが大きくなっても

立派な綺麗な白い歯を維持してあげることができるでしょう!!^^



赤ちゃんではなくて、大人の歯磨きに関して読みたい記事はこちらから
歯磨きを朝しないのはマズイその驚くべき理由とは?



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ママ22
  2. 眼鏡
  3. 本棚
  4. ハイ赤
  5. ドリアン
  6. odoroki
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人