秋に赤ちゃんが寝る時に注意したい2つのこと


秋を大人にとっても、赤ちゃんにとっても油断してしまう時期。

何故なら、気温の変化が激しくて、

寒いのか?暑いのか?

がイマイチよく分からない状態です。

 

そんな秋の気まぐれの天気によって、

赤ちゃんの体調が崩れてしまう恐れもあります。

 

とくに、寝ている時に注意してみることだと思っています。

私も、夏前に、

涼しいのか?暑いのか

よく分からない気温の時に、寝る時にちゃんと気温の変化に耐えられるように

してはいませんでした。

 

なので、自分で管理できない赤ちゃんの寝る時に注意したいことを

守り、快適に過ごさしてみてはどうでしょう?^^

スポンサードリンク

寝る時の注意事項とは・・・

では早速ですが、

寝る時に注意したいことを挙げていきましょう!

ビックリ

寝る時の服装に気を付ける

秋は気温が下がってくるのでついつい寒そうだから、

急に冷え込むことがあるとは言え、

赤ちゃんが寝るときの服装は着せすぎは禁物!

 

厚手のべビー服を着せたくなりますが温かいお布団をかけるので、

赤ちゃんが寝るときの服装は厚手のものでなくても大丈夫です。

秋は赤ちゃんの様子を見ながら肌着の枚数やお布団の厚さを調整しましょう!

服装について更に詳しくはこちらを参照
秋の赤ちゃんの適切な服装とは

sponsored link

寝冷えに注意する

赤ちゃんが寝る時は体が温まるので厚着させると嫌がって、

薄着になろうとしたり掛け布団や毛布を蹴とばします。

 

眠る時はポカポカで掛け布団や毛布を嫌がっても、

だんだん夜中から明け方にかけて部屋の温度が下がってくると赤ちゃんの体も冷えてきます。

この時、寝るときのまま掛け布団が無かったり、途中で掛け布団を蹴とばしていると寒がります。

 

朝目が覚めて、ママが赤ちゃんの頬や体の冷えに気がつくのは、

すでに肌表面の体温が奪われた後ということになります。

 

明け方は赤ちゃんの体温が奪われないように気を付ける時間帯です。

 

・寝冷えの対策方法~~~

スリーパーを使用しましょう!

布や掛け布団を蹴ってしまう時や、寝返りを繰り返して布団からはみ出てしまう元気な赤ちゃんはスリーパーが役立ちます。

スリーパーにはキルト素材や毛布と同じ布で作られているタイプがあります。

 

冬の寒い時は毛布代わりになるので、毛布と同じ素材も暖かさを逃しません。


新生児や月齢の低い赤ちゃんは、

授乳やよだれで前身頃が汚れることを予想して、

キルトや洗濯しやすい素材を選ぶと便利です。

 

あまり厚みがあると抱っこしにしにくかったり寝返りの妨げになるので、

柔らかさや軽さのある素材が適しています。

 

この2つが寝る時の一番のポイントです!!

やはり、重要なのは服装に気を使う事だと思います。

特に服装に気をつけておけば赤ちゃんも快調でしょう^^

参考にしてみてください!

寝る前や食事後に赤ちゃんにはみがきをした方が言い理由
赤ちゃんの歯磨きの理想の時間帯とは

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.