ベースギターの弦交換のベストな時期っていつ?


弦楽器で悩みのタネといえば、

弦交換

ではないでしょうか?

私もギターをかじっていたときは、本当に弦交換は苦手でした。

なので、一番良いタイミングに替える!

ということをしていました。

「私も弦交換苦手だけど、ベストなタイミングは知っておきたい・・・」


と言う方は、是非知っておきましょう^^



スポンサードリンク




ベースの使用頻度で変わってくることを認識する



ベースを弾く女性


弦交換のベストな時期って、適切な日というのはありません。

トッププロなら数時間で替える人もいます。

しかもプロによってまばらです!


なので、ここではそんなプロの方達は無視します。

ここで、想像できる仮定するベースプレイヤーは、

・バンド活動をしている人

・趣味で家でベースを弾く人

に絞ります!

なんとなく、両方ともベースを弾く頻度は同じな感じがしますので。

この二つに絞ることにします!


スポンサードリンク






弦交換のベストな時って?



では、弦交換のベストな時期に入っていきましょう!


趣味の範囲としてベースギターを考えるならば、

ベースギターを弾く頻度にもよりますが、2週間~4週間程度の周期あたりです。

軽く弦の下側を指でなぞってみて、

フレットが触れる位置に沿って弦がでこぼこして感じられるようになったものは、

既にバランスよく振動できる時期を過ぎている。

このあたりはプレイヤーの弾き方や使われる状況などにも大きく左右される。


予約した練習スタジオの前日に、

自宅で一生懸命練習し、当日スタジオで数時間もギターを弾けば、

そのギターの弦の寿命はまっとうしたといえるのではないでしょうか。


ベースギターをたまにしか弾かない人は、

弦の表面がくもってくることを気にしなければ、期間はあまり気にしなくてもよいと思います。


ちなみになんですが、ライブをやる前は必ず替えた方がいいと知人が言っていました!


私なんかは、ベースもギターも両方かじっていたのですが、

エレキギター

どちらもほぼ、

たまにしか弾かない程度でした(笑)

そうすれば、たしかに全く弦交換はしなくてよかったです。

がギターの場合は、錆びて弦交換はしたことがあります。


錆びるのが嫌な人はチェック!!
ギターの弦を錆びにくくする4つのポイント



ちなみにベースはプロの方に一度だけレッスンを受けて


バリバリのかっこいいスラップフレーズを教えて貰って、

なんなちゃってスラップを取得したのですが、弦の持ちは良かったですし、

錆びもしないで売りに出すことができました(笑)

弦もかなり安い物でした!



結論を出すと、

大体2~4週間の間です。

人によっては、手の脂が出やすかったり、練習する環境、季節も違ってくるので、

目安として2~4週間で覚えておくと良いと思います^^



学園祭でドラムを急遽やることになった人が見ておきたいドラム記事
家でドラムの練習したい場合ってどんな方法がいいのか?


ドラム初心者が家できる良い練習はあるのか?


ドラムの足を家で練習したい人必見のメニュー!


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です