意外な事実!夏の熱中症は昼寝をしている時にも起こる


夏に外で作業をしていたり、ただ歩いていて、

熱中症になってしまう方もいますし、

やはり、外出していて、

太陽に照らされるので、熱中症になりやすいのだと思います。

ですが、意外な事実があります。

それは、


昼寝をしている時にも、熱中症になりやすい!


ということです。

太陽に照らされてるわけでもないのに、

熱中症になるなんて!

と思いませんか?


その原因をみていきましょう!

スポンサードリンク


改めて熱中症って?


太陽

熱中症とは、その名の通り、

暑さによって引き起こされる体の不調で、

体温調節の機能障害や脱水、内臓の機能不全などが起こります。

具体的な症状としては、疲労感、痙攣、失神、めまい、嘔吐、意識障害、過呼吸

などがあげられますが、重症の場合は命にかかわる症状です。


昼寝をしていて熱中症になるワケ



では、何故昼寝をしていて、熱中症になってしまうのか?



1.閉め切った空間>>

閉めきった空間は気温や湿度の調節が上手にできないと、

高温多湿が続いたり、酸素不足から体調不良を起こしやすくなります。



2.高温、多湿の環境>>


室温が32度を超えると人は体調不良を訴え出す人が増えるみたいですが、

私の場合は36度からまずいと昔思言ったことがりますが、

人間の快適に過ごせる26~27度辺りでも

湿度が80%超えるとサウナじゃないか!と思います。




3.直射日光が当たる場所で寝る>>

日焼け

直射日光はもちろんですが、

カーテンごしでも日射しが当たっている場所は集注的に高温になっています。

そうした場所にずっといると、

室内でも体が熱をもって熱中症にかかることがあります。



4.風がなく換気のできない環境>>

扇風機

風が吹かずに空気の流れがない環境では、温度調節も困難です。

昼寝たい場合は室内の換気をするなど、

タイミングを決めて室内に空気の流れを作るようにしましょう。


この4つが原因であります。

スポンサードリンク




夜間も注意




ヒートアイランド現象により夜間になっても気温が下がりにくく、

日中の熱が建物の壁などに吸収されて室内にこもりやすくなります。

そのため、室内はサウナのような状態となり、

油断していると、夜間でも、家の中にいても、

熱中症になってしまうことが! 

乳幼児や高齢者は体温調節機能が低く、喉の渇きも感じにくいのでとくに注意が必要です!


暑さにまいる老人



実は夜間も注意がいります!

夏はどこにいっても熱中症になる可能性は十分にありますので、

油断できないでしょう!


これを読めば熱中症とおさらばできる!!
夏の睡眠時における快適な温度っていくつなのか

夏に帽子を被るなら黒色にしよう!その理由とは?


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.