夏の朝の紫外線から守るためにしてはいけない3つの行動

この記事は2分で読めます

太陽

夏の通勤時!

特に女性はそうですが、紫外線を気にしてしまうのではないでしょうか?

最近は、メンズの方でも肌ケア男子も登場してきて

男性側も紫外線に気を使うようになりました。

そんな紫外線を気にする男女の為に、

朝の紫外線に打ち勝つために

やってはいけないルールをご紹介します!


スポンサードリンク




朝は紫外線が一番きつい・・・


日焼け


正午前後(午前10時~午後2時)が最も多く、

この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上~を占めていると言われています。

逆に日の入り、日の出付近はかなり少ない。

ただ目に入る紫外線は逆に朝、夕方のほうが多いとも言われています。


この時間帯は、大学生とかなら通学中だと思いますし、

サラリーマンは、OLの方でも昼食で外を巡回する時間ですよね!

したがって、一番紫外線が強烈な時に外を歩き回ります。

なのでケアが必要ですが、やってはいけないケアを紹介したいと思います!


朝にやってはNGな3つの行動とは




では、早速紹介したいと思います!


1.朝にシャワーを浴びる>>>

シャワー

朝、シャワーに入って髪を洗う習慣がある人は注意が必要です。

頭皮や髪は、薄い皮脂の膜=庇護膜(ひごまく)で守られています。

シャンプー後はこの庇護膜が一度洗い流され、数時間かけて再び膜が再生されます。

朝に洗髪してこの庇護膜を洗い流し、

すぐに外出するということは頭皮を守る膜がない状態で外出するということ。

紫外線の影響をダイレクトに受けてしまうのです。

そのため、頭皮が通常よりもダメージを受けやすく、

薄毛や抜け毛につながる恐れがあります。

他にも朝のシャワーをするのは良くない理由とは?
夏の朝にシャワーを浴びない方がいい3つの理由


スポンサードリンク





2.朝食に果物やスムージーで“柑橘系のフルーツ”を摂る>>>

オレンジ


朝食で果物や野菜を摂ること自体は体にとっても良いことですが、

中にはたくさん摂ることで体が紫外線を感じやすくなってしまう果物や野菜もあります。

気をつけたいのがソラレンという成分を含む果物や野菜です。

レモン、グレープフルーツ、オレンジといった柑橘系の果物や、

きゅうり、パセリ、セロリ、ニンジンなどの野菜に多く含まれるこの成分は、

たくさん摂取すると紫外線を感じやすく、吸収しやすくなるという性質を持っています。


んービタミンCは肌に良いと言いますが、一概にそうとも言えないのですね!

ちゃんと適切なタイミングと摂り方を知らないといけないみたいです・・・^^;


3.外出直前の日焼け止め>>>

肌キレ女性


意外過ぎませんか?


出発直前に日焼け止めを塗り、すぐに外出……これは実はよくないです・・・

日焼け止めは塗ってから30分程度で肌になじむと言われており、

それより前に外出してしまうと紫外線から十分に肌を守れないのです。

出発30分前を目安に、日焼け止めを塗るように意識してみてください。

また、伸ばし過ぎるのも十分な効果が期待できなくなってしまうので、

パッケージに記載されている適量を守るのも大切です。



母親は外出の時に、日焼け止めを塗らないで、

手に布?をはめていたんですが・・・

どうやらそっちの方がいいみたいですね~

といってもそうやって布当てをする人は結構年輩の方でいるので

正しいケアなんでしょうね^^!



以上の3つが紫外線から守るためにやってはいけない行動でした!




では何で紫外線を防止するのか?
夏に帽子を被るなら黒色にしよう!その理由とは?



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 残暑てき?
  2. ぴかぴか歯
  3. 運動会
  4. ドラム1
  5. 冷え性
  6. 美容師
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人