夏の朝にシャワーを浴びない方がいい3つの理由

この記事は2分で読めます

シャワー

夏場に朝のシャワーを習慣にしている人って

多いと思います。


ただ、私の経験からですが、あまり朝にシャワーというものを、



浴びるという行為には反対です。


その訳を経験談を交えて紹介したいと思います。



スポンサードリンク




朝のシャワーはおすすめしない訳とは?




私の中での最大の理由が、

・疲労感が全く取れない

というのが最大の理由になります。



私はほとんど、前日風呂を入ることが多いのですが、


ある時何日か連続でシャワーを浴びたことがあったのですが、



2~3日目になると、全く疲労感が取れないとすぐに実感しました。

体は目まいがして、気持ちも不愉快でした。



私には妹がいてよくシャワーを浴びているんですが、



お風呂に入った時と、シャワーの疲労の取れ方が全く違うと言ってました。


なので、朝シャワーを浴びることはオススメしません!


そして他にも朝シャワーを浴びない方がいい理由があります!!



朝シャワーがおすすめできない3つの理由



ビックリ



1.ヒートショックの危険性>>>




寝起きに温かい布団から出て、冷えた脱衣所や浴室へ行き、熱いシャワーを浴びると体温が急激に変化。

脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性があると言われています。

いわゆる”ヒートショック”現象になると言われています。

スポンサードリンク




2.洗い残し・すすぎ残しをしやすい>>>




忙しい朝にシャンプーをすると適当になりがちになりやすいです。

短時間で簡単に洗うと汚れがしっかり落ちていなかったり、

すすぎ残しがあったりと頭皮のダメージや乾燥につながりやすいのです。


以前、美容師の方にシャンプーをした後に、

お湯でゆすぐ時間を尋ねたら


2分と仰っていました。


忙しい朝の2分は大変貴重ですし、気持ちも焦っています。

シャンプーってポジティブなイメージなのにかえって、

わざわざ自分で良くない事をしています・・・。



3.庇護膜が失われ、紫外線の影響を受けやすくなる



日焼け



頭皮や髪は薄い皮脂の膜=庇護膜(ひごまく)で守られています。

シャンプー後はこの庇護膜が一度洗い流され、数時間かけて再び膜ができます。


朝シャンすると庇護が無い状態で外出することになり、

紫外線の影響をダイレクトに受けてしまいやすいのです。



そのため、薄毛や抜け毛につながる恐れがあります。

これらデメリットへの対策として、

服を脱ぐ前に熱いシャワーを出して脱衣所や浴室の温度を上げたり、


いつもより5分早く起きて念入りに洗髪する、


朝シャンをした場合は外出時に日傘や帽子で紫外線対策をすると良いでしょう。


紫外線から逃れるためには、肌のケアだけでは全く意味がない!?



夏は特に紫外線が強いため、注意が要りますね。

でも、紫外線だけ見ても年中強い可能性もあるので、

朝シャワーはあまり良くないですし、5分も時間を取れるか心配です^^;


風呂(人なし)




以上の3つがおすすめできない理由です。

冒頭の話も加味すると、お風呂に入った方がいいでしょう!!^^



勉強や仕事で絶対確実に成果を上げる方法としてまず簡単に取り組めるポイントを知ろう!
夏の睡眠を快適にする簡単にできる3つのポイント


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アトピー
  2. 幼稚園児昼寝
  3. 人生の岐路
  4. バザー
  5. ぴかぴか歯
  6. 茶渋
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人