夏の睡眠時における快適な温度っていくつなのか

この記事は2分で読めます

ぐうすかぴー

夏の暑さで上手く寝れないで、

仕事、学業に影響は、計り知れないと思います。

私の体感温度で36度以上いくと暑いなぁーって感じる時がありましたが、

今はさすがにもう少し低い温度が暑く感じると思いますし、

とはいえ、

私の体感の話なんてこれを読んでいる方には、

全くもって当てになるはずがないので(笑)

夏の睡眠時の快適な温度を知って

自分の

・仕事

・学業


で良いパフォーマンスが出来るようにしておきましょう!


スポンサードリンク






快適な温度っていくつなのだろうか・・・



理想は・・・・


寝室の室温26℃、湿度50~60%が最適!

が最適と言われています。

湿度に関して言えば、一年を通して50~60だと最適だと言われています。


それで、一つ疑問に思いませんか?

この環境にするためには、クーラーが必要です。

クーラー

寝室のエアコンの設定温度は、日中の28℃より少し低い26℃にしましょう。

この温度が、寝間着を着たときの快適に眠れる上限です。

できれば朝までこの温度を保つと良いのですが、

一晩中エアコンを使うのが気になる方は、

寝ついたあと3時間でエアコンが切れるようにタイマーをセットしてください。

睡眠の初めの3時間には、脳の休息に特に必要な深いノンレム睡眠が多く現れるからです。


3時間が物凄い大事なポイントなので、

5回はメモ帳に書いてくださいね♪^^


ちなみに寝間着を着ないで寝る人がいますが、

ビックリ

私個人的に実はオススメで、


寝間着を着ないと当然体温が下がりやすいので、

体が脂肪を燃やしだします。

つまり寝るだけでダイエット状態になれます。

簡単ラクラクですよね~~

それと、疲労感の取れる具合もいいです!

また眠気を誘発
することができるので、

寝間着なしというのもやってみるのもおすすめです。

注意したいのが、

おなかを冷やしすぎて体調を崩したりしないよう、十分に気をつけてください。

私は温度調整を失敗してしまい風邪をひいたことがありますので、

注意が必要です。

スポンサードリンク





湿度にも気を配ろう・・・>>>

太陽

寝室の気温だけでなく、気を配りたいのが湿度。夏は湿度が70%以上になりますが、

快眠できる湿度は50~60%です。

エアコンで冷房をつけると湿度も下がりますが、

湿度調整は難しいので、ときどき湿度計で測ることをお勧めします。

エアコンの除湿モードを使えば、

湿度だけなく温度も少し下がって、電気の使用量も節約できます。

ただし、再熱除湿の場合は、冷房よりも電気代が高くなることがあります。


またこれらの方法は、睡眠時に

一人で寝る場合なのか、家族がいてやる場合があるので、

家族とやる場合は相談する必要が出てくるかと思いますが、

暑さに参ると思うのでOKサインはすぐに出るでしょう!



睡眠の質や快適さについてさらに知りたい方はこちらをチェック
夏の睡眠を快適にする簡単にできる3つのポイント

夏の暑さで睡眠不足の方必見!睡眠の質を上げる3つのコツ



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ボートデート
  2. 残暑てき?
  3. 動物園
  4. ヘラクレスオオカブト
  5. 爪切り仙人
  6. オタク野郎
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人