夏の暑さで睡眠不足の方必見!睡眠の質を上げる3つのコツ


夏は暑くてどうしても睡眠不足になりがちですよね?

そんな睡眠不足にならないようにするために

睡眠の質を上げる方法があるんです!

是非その質の方法を知って

・仕事

・学業

・デート


などなどで頭が回らなくなり失敗しないようにしておきましょう!


スポンサードリンク



睡眠の質を上げる3つのコツとは


睡眠を上げるために、是非コツをマスターしましょう!

その方法を早速紹介します!!

やってみよう

1.理想の温度をキープする>>>

快眠できる理想的な温度は26℃前後、湿度は50%から60%前後。

ベッドの中の温度が33℃前後、湿度55%前後と言われています。


この状態を作るには、エアコンや扇風機を利用するのが最も現実的な方法でしょう。


比較的今日は、涼しいと感じるなら扇風機を使用して、

今日は暑すぎと思うならクーラーを使いましょう!

エアコンを使用する場合は、

寝付いてからの3時間で消すのがポイント!

これをやると睡眠の質が上がります。


2.ぬるめの風呂に入る>>>

風呂(人なし)

夏はシャワーで済ませる人も多いでしょうが、快眠の方法としては、お風呂が有効。

人は体の奥の体温が下がる時に、眠くなるようにできています。

そこで、お風呂に入りわざと体温を上げた後、平熱まで下げる事で自然な睡眠を促します。


<方法>は、38度~40℃くらいのぬるま湯に30分間。ベッドに入る2時間前に上がり、ゆっくりと体温を下げていきます。


私は一番これがオススメです。

シャワーばかりだと、疲労が取れないのを感じるのがよく分かります。

私に妹がいるのですが、妹も前日の夜シャワーだと、

「あ、前日シャワーだったな!」というのが分かるくらいのレベルです。

なので寝る前に風呂に入るのをおすすめします。

また夏はあせもになりやすいので、お風呂に入った方が身のためといえます。
胸のあせもが治らない人の2つの対処法とは?



スポンサードリンク





3.眠たくなったらベット布団に入る>>>

寝る女性w

寝れない!人に見られるのが、眠れないのにベッドの中でゴロゴロする行動。

これを繰り返すと、ベッドに入っても眠れないという意識が働き

今まで眠かったのに、ベッドに入った瞬間に目が覚めるようになっていきます。

スマホをやれば時期に眠くなると思いがちですが、

スマホの明るさは目を興奮させるので、逆に睡眠の質が落ちます。


私はどっちもどっちで、夏は眠くなったらベットに行きますね~

冬は寒いので直ぐに布団の中に入ってしまいます。

それで考え事などしていればすぐに寝てしまいます!

以上3つが睡眠の質を上げるコツになります!!

取り入れやすいのを参考にしてみてください。



睡眠時にエアコン(クーラー)と扇風機をつけるのはありなのか?
夏の睡眠時にエアコンをつけて寝るって体にどうなの?

夏の睡眠時に扇風機をつけて寝るって体にどうなの?


sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.