夏の睡眠時に扇風機をつけて寝るって体にどうなの?


夏の睡眠時の最大の敵は

暑さでしょう!

 

健康のためだ!と

エアコンも扇風機も何もつけないと寝苦しくなり

逆に体がダルオモ状態になってしまいます!

 

そんな時に活躍するのが

 

扇風機

 

果たして扇風機は

寝ている時につけていても大丈夫なのだろうか??

死亡説なんてのも、ありましたよね!

スポンサードリンク

扇風機をつけて寝たいのはOK?

 

結論を先に述べれば、

つけて寝ても構いません。

 

ただし、上手に使う事が求められます。

 

睡眠の前半に体温が下がらないと、睡眠の質が悪くなります。

 

熱帯夜に寝苦しいのは、

体温が十分に下がらないことが原因のひとつです。

 

暑い夜には、体温を下げようとして汗をかきます。

汗が蒸発するときに、体の表面から気化熱が奪われて、

体温が下がるからです。

 

適度な扇風機の風は、

汗の蒸発を助けて体温を下げ、よい眠りに導いてくれます。

 

では、上手く使う方法を述べていきたいと思います。

sponsored link

扇風機を上手く使う方法とは

 

扇風機には

首振り機能が備わっていますから、

眠るときにはこれをきちんと使いましょう。

 

首振りせずに扇風機を使うと

体の1か所だけに風が当たり、

冷え過ぎてしまします。

 

筋肉が冷え過ぎると、

夜中にこむら返りやケイレンが起こったり、

目覚めた後に

だるさや倦怠感を感じたりします。

 

もし、首を振らせることができないなら、

弱い風を頭に当てるようにしましょう。

 

睡眠の目的の1つが、

脳のクールダウンです。

 

そのために頭部の皮膚を通して

脳を冷やすというのは、理にかなっています。

 

実験でも、頭を集中的に冷やすことで、

睡眠が改善することが分かっています。

 

扇風機の使い方として、

首を振らせながら風を体に当てる、

というのが一般的な使い方です。

 

しかし、それでも

体の片側だけに風が当たり、不均一な冷やし方になる恐れがあります。

クールダウン

理想的には、

体に直接風を当てず体の上空に風を送って、

空気をかき混ぜるようにすると、体への負担が少なくなります。

 

タイマーの使いかたも大事

 

寝ついてから3時間は扇風機が

回っているようにセットしてください。

 

その機能が使えるなら、

寝ついてからの3時間と、

目覚める前の1時間に扇風機が回るようにセットすると、

目覚めもスッキリします。

 

私は昔からよく扇風機で夏の暑い夜を凌いできました。

結構涼しくて気持ちいですが、

やる場合に注意したいことがあって、

 

年代物は使用しない事!

 

何故か?

それは、音がうるさくて逆に今度はそのせいで寝れないからです。

なのでなるべく新品の物を買ってきて使う事をおすすめします!


DCモーター採用の扇風機は、ほんと静かです!

今ではかなりお安くなりましたね!

 

扇風機で暑さ対策をしたいけど!扇風機の掃除方法が分からない方はこちらの記事をチェック
扇風機の効率的なほこりの取り方はこうすればできます!

逆にエアコンをつけて寝るのはありなのか?
夏の睡眠時にエアコンをつけて寝るって体にどうなの?

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.