夏の睡眠時にエアコンをつけて寝るって体にどうなの?

この記事は2分で読めます

寝る女性w

夏寝れなくて、思わず

エアコンをつけて寝る方も多いと思います。

しかし、エアコンをつけて寝たせいなのか、

イマイチ体が動かない・・・なんて思う事はありませんか?

果たして、それはエアコンのせいないのか?

それとも、別の理由はあるのか・・・

気になりませんか?


スポンサードリンク




エアコン(クーラー)をつけて寝るといいの?悪いの?


クーラー

エアコンをつけて寝ると体に悪いのか?

それとも良いのか?どっちなんだろうと思いませんか?


結論から述べると、

正しく使えば、快適な睡眠を得ることができます!

では、その具体的な方法について述べていきます。


エアコンで快適な睡眠を得る方法
やってみよう

では、やり方は、>>>



夏の室温は25~26℃が1番眠りやすいといわれています。

ただし、快眠を促すエアコンの使い方に関しては、

あまり知られていないポイントがあるのです!

寝室のエアコンは、就寝2時間前になったら26℃の風量強めでスイッチを入れ

部屋の壁まで冷やしておくことが夏の快眠を得るための重要なポイント。
何故か??


昼間、太陽が建物に当たると建物全体の温度が上がります。

夜になって外気の温度が下がっても、日中の熱をたっぷりと吸い込んだ部屋の壁は熱を発生し続けるのです。


スポンサードリンク





いざ眠るときになってからエアコンのスイッチを入れたのでは、

部屋の空気しか冷やすことができず、

タイマーが切れた途端、

壁にこもっていた日中の太陽の熱が放出されて部屋の温度が急上昇し、

暑さで目が覚めてしまいます。

そこから再びクーラーのタイマーをオンにしてもまた切れると

寝苦しさで目が覚めてしまうという繰り返しが朝まで起こってしまうので、

寝不足の日々に苦しむことになってしまうのです。


中途覚醒が何度も続くと熟眠感が得られないので、

起床時の気分が悪かったり、日中の心身ダメージが大きかったりなど、

様々な弊害が生じてしまいます。


就寝前にエアコンを入れて壁まで冷やしておいたうえで、

いざ就寝するタイミングで27~28℃まで設定温度を上げて、

寝付いてから3時間くらいでタイマーが切れるように設定しておけば、

快適な室温が保てます。

また、目が覚めるたびにエアコンをつけてしまうと、

結局一晩中つけっぱなしになってしまうので電気代もかかってしまいますが、

壁まで冷やしておけば朝まで快適に眠れて結果的には節電にもつながります。

絶好調の人

ちなみに、以前私は、エアコンとか扇風機なしで、30度以上の部屋に夏に

寝ていたことがありましたが、ただ睡眠不足になるので

絶対オススメできません。

なので、エアコンを正しい方法で使った方が無難です^^;



ちなみに、エアコンが故障して緊急事態にならないようにこちらの記事をチェックしておくのがオススメです
クーラーが冷えないという故障に対してはこうしよう!

エアコンではなく扇風機をつけるのってどうなの?
夏の睡眠時に扇風機をつけて寝るって体にどうなの?



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 灯油タンク
  2. 冷え性
  3. 蛾
  4. 筋トレする人
  5. アフロ―な私
  6. 医者1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人