夏の睡眠を快適にする簡単にできる3つのポイント

この記事は2分で読めます

睡眠

夏の睡眠時に一番欲しいの言えば、

快適に寝れることだと思います。

夏は何かと快適に寝れずに睡眠不足になっている方が多くいらっしゃるかと思います。

そんな方の為に、睡眠を快適にするポイントがあります。


スポンサードリンク




3つのポイントを知り快適な睡眠を手に入れる



睡眠を快適にするポイントは、


3つあります

この3つを是非押さえて夏は不愉快な睡眠ではなくて快適な睡眠を手に入れて、

仕事、部活、恋愛に勤しみましょう!!


3つのポイント



では、早速3つのポイントを紹介します!


1.ぬるめの風呂にゆっくり入る>>>

風呂(人なし)

風呂に入ると疲れやストレスから開放され、ぐっすり眠れることは昔から知られています。

眠りにつくとき、体の深部の体温は代謝量を抑えようとして低下します。

体温が低下し安静状態になると自然に眠たくなるのです。

夏はシャワーを浴びるほうが好きという方も、眠りにつく1時間くらい前のぬるめの風呂をおすすめします。


絶対にお風呂に入るのはおすすめです。

疲れを取ることもそうですが、あせもの予防にも繋がります。

シャワーよりも風呂に入った方が疲れの取れる具合が違うので、

風呂に入って入浴後にストレッチをするのもおすすめです!


2.ふとんに入る3時間前には食べない>>>

布団で寝る女性

代謝機能が低下している睡眠中に胃腸を働かせると、

エネルギーがそちらに消費されるため深い睡眠がとれなくなります。


夏はアイスクリームやビールなどをついとりすぎてしまいがち。

胃腸は酷使されて機能も低下しています。

この時期の飲食には特に気をつけましょう。

タンパク質や脂肪の消化には2~3時間要することを頭において、食事をとる時間に注意しましょう。


消化はかなりエネルギーを使いますので、寝る時に疲労回復のはずなのに、

逆にエネルギーを使って回復できなくなります^^;

また、ダイエットでも3時間前は食べるのは良くないので見た目の観点からも

よろしくないでしょう!

実際私もすぐ食べて寝ると調子がイマイチです^^;


スポンサードリンク





3.目覚めたら朝陽を浴びる>>>

朝日

激しい温度差や夏休みなど生活パターンの変化によって、

体が疲れている夏。生活リズムも乱れがちです。

睡眠と覚醒のリズムを整えるもっとも簡単で有効な方法は、

朝起きたときに日光を浴びること

太陽光のもつ強い覚醒作用が脳をパッチリ目覚めさせてくれるのです。

できるだけ同じ時刻に起床し、朝の光を全身で受けとめましょう。

たったこれだけのことで生体リズムが整い、夜の寝つきがスムーズになります。

朝日っていつまでなのか気になる人は、参考までに
ストレスにも効くと言われる朝日ですが何時までなのか?



これ実際やってみると、最初は太陽の光が眩しいですが、慣れるとめちゃくちゃ

「よっしゃあ!!!」

って気分になります。是非やってみてください。

以上3つのポイントです。

どれも簡単なので、取り組みやすいと思いませんか?

是非できそうなやつだけでも取り入れてみて下さい!!!



あなたの睡眠を快適にするなら蚊から身を守らないといけない!!
就寝時嫌な蚊の音からあなたの睡眠を守るための対策とは?



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 医者1
  2. お祭り
  3. 文化祭
  4. アロマ
  5. 缶コーラ
  6. 蚊
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人