夏の、ハムスターの飼育で注意したい5つのこと


夏のハムスターの飼育ってとても厄介ですよね?

下手をすれば、ハムスターに致命傷を与えるでしょうし、

昔我が家でもそんな事がありました。

ハムスターは手軽に飼える動物です。

なので、飼っている人も多いと思います。

夏は人間にも、動物にも厄介な季節です。

なので、ちゃんと注意を守りハムスターに愛情を注ぎましょう。

スポンサードリンク



注意する事って?


ビックリ

では、さっそく5つの注意点を見ていきましょう。

1.通気性を保つ

ハムスターは乾燥した得意なので、日本の夏の高温多湿はとても過ごしにくい季節です。

とくに梅雨の時期のジメジメは大の苦手

そんなハムスターの性質を理解して、風通しのよい飼育環境を作ってあげましょう。

ワイヤー型のケージが一般的ですが、

ガラスケースなどで飼育する場合は、

金網等の風通しの良い蓋を使用するなど通気性を確保してあげてください。

昔、通気性を考えずにしていたら、やっぱりハムスターが昇天してしまいました。

読んでいる方にはそのような思いをさせたくないので、

通気性を意識してくださいね^^


2.水をちゃんとする!

液体の水

野性のハムスターは、砂漠の過酷な環境に順応するため、

腎臓の中の尿をきれいにし、再利用して水を得ることができます。

ただし、ペットのハムスターは、体の機能が違うため、

水は毎日たっぷりと与えなければいけません。

とくに夏場は水が腐りやすいので

給水器をよく洗浄し、毎日朝晩2回、こまめに取り替えてあげましょう。

人間も同じで、水分を与えないとハムスターに瀕死を与えますし、

水のやり忘れで昇天の可能性もありえますので、

水の管理は徹底してあげてください^^


スポンサードリンク





3.湿度の変化に気をつけるようにする。

ハムスターは急激な温度変化が大の苦手。

いちばんすごしやすい気温は20~23℃、湿度は40~60%と言われていますが、

一日の寒暖の差は特に気をつけてあげてください。

ケージの近くに温度計と湿度計を用意し、常に温度管理を怠らず、

ハムスターが快適に過ごせるようにしてあげてください。



4.清潔な環境を!

ハムスターはきれい好きな動物です。

梅雨時や真夏はとくに、衛生には充分気をつけてあげてください。

食べ残しのエサや排泄物、こぼれた水に細菌が繁殖すると病気につながってしまいます。

特にハムスターは、巣の中にエサを引き入れる習性があるため、

巣箱の中もこまめにチェックし、古いエサなどは取り除いてあげてください。

清潔にしてあげるのは人も一緒です。


5.クーラー厳禁

クーラー

暑さに弱いからといって、

ハムスターにクーラーや扇風機の風を直接あてるのは絶対にタブーです。

体が冷えると、ハムスターは疑似冬眠してしまい、動かなくなることがあります。

また、クーラーのスイッチの入れたり切ったりを繰り返すと、

気温変化が大きくなり、体調を崩してしまうので、要注意です。

以上5つのことを守ってかわいい大事なハムスターを大切にしてあげましょう!!


ハムスターってとてもデリケートなのに、

気軽に飼っている人が多いのはビックリですね。

実はとても飼育が大変なのがハムスターです!!!



ハムスター以外に何か生き物を飼ってみたい人が絶対チェックの記事
自由研究にも最適!おたまじゃくしが採集できる時期

初心者の方必見!カエルの飼育方法



sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です