筋トレする人必見!卵とプロテインの栄養を比較してみた


筋トレをしている人にとって、栄養は重要です。

 

筋肉の繊維は主にタンパク質がメインなので、

いくら筋トレしても、栄養が疎かだと筋肉の肥大化もイマイチです。

 

プロテインは日本語に訳すと、たんぱく質です。

そのプロテインと

完全食品であると言われている

 

どちらが栄養値が高いのか比較してみることにしました。

スポンサードリンク

なぜ比較するのか?

 

そもそも比較する訳は、

プロテインって意外と高価なので(慣れないとそう感じる)

習慣化しにくいのでは?

 

ないかと私の経験で思いました。

私自身、やっぱり良い肉体を手に入れたいと思っていても、

なるべくコストは下げたいし、

コストが下がって手軽さが増せば

筋トレをする習慣化に繋がると思うからです。

 

卵の方が栄養価が高ければ、

卵の方が恐らく安いと思うので、

卵を摂った方が手頃ですし、

プロテインより安心して摂れると思ったので

比較をすることにしたのです!

 

さて、実際どうなんでしょうか!?

 

卵とプロテインどっちがいいの?

卵

では、お互いのタンパク質の量とそれぞれ見ていきましょう。

卵1コには12~13gのタンパク質含有量です

 

タンパク質含有量80%の一般的なプロテインの場合(製品ごとに違います)、

30gのパウダー(付属スプーン2杯~3杯)を使えば、

24g摂れる計算です。

 

これを見て思うのが、

筋トレ後に必要な同じタンパク質量を摂ろうと思ったら、

単純にプロテインの方が、
  • 楽に、
  • 速く(お腹の吸収スピードが重要)
  • 経済的で(他の食品を食べるより安い)
  • 持ち運びしやすく
  • 胃腸にも優しく(大量に食品をたべるよりは)
  • かつ、余計な脂肪がつきにくい
 

という長所があります。

 

実際に私もジムに行っってトレーニングをやり、

終わったらすぐにプロテインを飲みますね。

ゴールデンタイムと呼ばれるボーナスステージがあるので、

吸収が早いプロテインを飲みます。

そしてその後にお肉等を食べます。

 

むむ、プロテイン有利か?

では、卵はどうなんでしょうか。

sponsored link

卵の方が安いから卵がいい!

 

ここで卵の方が安いから、卵がいい!!

って人もいるかもしれません。

 

ですが、

プロテイン高い!って思いがちですが、

吸収性などの面で栄養素として優れている事を考えると、

かなり健闘しているのではないでしょうか。

 

また、卵・鶏肉は

安売りを狙えば値段の安いタンパク質であるものの、

下手な買い方をするとプロテインよりも高くなり、

全く節約にならない事も分かります。

 

私もプロテインを飲みながらですが、

卵とかをコンビニで買って食べていましたが、

あまり効果はありませんでした。

 

今は一緒に買ってきた卵を食べないで

プロテインだけを豆乳で飲んでいますが、

そっちだけの方がむしろ肥大しているように感じました。

 

しかも食費は安く済みますし

コンビニの添加物で体調を落とすこともありません。

 

なので、私はプロテインをおすすめしたいです。


愛飲中のプロテインです!

 

もしプロテインが怖いなら卵をスーパーで買って

そのまま生卵を飲み込むかゆで卵にするのがいいかなと思います。

でも、今時は

プロテインへの抵抗も減ってきたように感じますね!

 

比較結果は?

 

さてさて、簡単な比較でしたが、

プロテインの方に軍配が上がると思います。

 

ただし、プロテインだけ飲んでいても筋肉は肥大化しないので

注意が必要です。

何もしないで飲んでいると脂肪が付くだけです!

 

プロテインを飲んだら筋トレ!

筋トレしたらプロテイン!

 

これが大切です♪


ビーレジェンドのプロテインは、本当に美味しいです!

 

筋トレをしたらモテるって本当!?
筋トレをして顔が変わったねと言われた私の体験談

夏に女性にモテる部位を鍛えて筋肉質になるためのメニュー

sponsored link





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.