野球の芝の人口と天然の違いが3分以内で分かる!

この記事は2分で読めます

野球場

野球の芝には人口と天然の二つに分かれますが、

意外と二つの違いって答えられる人もあまりいないようにも感じます。

また逆に人口と天然の違いについて知りたい人もいるかもしれないので、

なので、人工芝と天然芝の違いについて見ていきましょう!!

スポンサードリンク




人工芝の特徴


野球芝

最初に人工芝の特徴について紹介をしたいと思います。

・ボールの反発>>>

人工芝の場合はリバウンドが高くなります。

・摩擦が違う>>>

人工芝は天然芝より摩擦が生じるとゴロは転がるスピードが速くなり、

ダイビングキャッチやスライデイングをすると火傷しやすいです。

・地面の固さ>>>

同じ芝の長さなら、人工芝の方が地面は固く、

人工芝は怪我の原因になりやすい

人工芝の下はコンクリートだから、

衝撃が分散しないが天然芝の下は土なので衝撃が分散しやすいです。

<<<


現在主流とされているロングパイル人工芝は、

長いパイル(茎葉部)からなる人工芝と、

パイル間隙を埋める充填材で 構成されています。

クッション性のあるゴムチップや、

粒度を調整して固結しにくくした硅砂等を充填してパイルを立たせ、

天然芝のようなプレー感と風合いをつくります。

プレーイングクオリティは天然芝に近く、安定しています。

砂塵や泥濘化のトラブルが無く、天候に影響されないので

、利用制限は必要ありません。稼働率を上げたい施設に適しています。

スポンサードリンク




天然芝の特徴


野球芝

・ボールの反発>>>

天然芝は人工芝より跳ねにくく、バウンドが低くなります。

・ボールが止まりやすい>>>

人工芝は下が人工マットで、天然芝よりバウンドが大きく、球も転がりやすい。

・雨に弱い>>>

天然芝は水が土から抜けないために渇きづらいです。

意外ですね。それだけ天然はデリケートなのでしょう!

<<<


何よりもまず、総天然芝の球場は、プレーヤーにとって安全で快適

そして、観る人にも心地良い点が、大きなメリットです。

野球の本場アメリカでの流れを追うように、日本でも近年、天然芝の球場が見直されつつあります。

稼働率重視で、ドーム型の球場が相次いで建設されたり、

人工芝が注目されたりしてきましたが、それとはまた別に、

芝生の爽快感や“ボールパーク”という、

考え方を大切にする人々も増えてきたからです。

まとめ


いかがでしたか?

3分以内に違いが分かったと思います。

また違いが分かったことによって、

試合の見方

好きなチームのスタジアムの芝の特徴を見つける


などが出来たら余計に野球観戦が面白くなること間違いないでしょう。

野球観戦

甲子園の土を持ち帰るシーンが流れますが、

「あーあそこの芝は人工だな!」

みたいにとっさに口から出れば面白いのではないでしょうか?


サッカーの芝についても知りたい方はこちらの記事をチェック!
サッカーの芝を水撒きする理由とは?




スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 魔法
  2. 枝豆
  3. フットサル女性
  4. 痒いよママ
  5. 腹痛男性
  6. 便秘の人
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

運営者情報

初めまして訪問ありがとうございます^^
管理者のコスTK6です。

あせかきふっきん
趣味は

・筋トレ

腹筋が6パック!というのが最大の武器

・音楽(鑑賞・演奏)

ドラムを叩いてました。最近は専ら聴く方が多い
現在はサラリーマンとして働いています!

マッチョは夏場に服装を整えてさらにモテよう!

力こぶ

筋トレは顔トレ!筋トレして人生が変わった話

絶好調の人